女性に役立つ資格:医療事務


子育て中の女性が無理をして働きに出たとしても、たくさんの収入を得るのは難しくなります。

有給がしっかりとれる正社員であればいいですが、パートなどであれば稼いだお金もほとんど保育所代で消えてしまうこともあるからです。

子育ての合間をぬって何か資格を取得すれば、いずれ役に立てることが出来ますので、今のうちに資格取得をしておくべきです。

女性が保有しておきたい資格としては「医療事務」の資格があります。

スポンサーリンク

医療事務の資格について

医療事務の資格を持っていれば、全国の医療機関で働くことが出来ます。

子育てが一段落した後でも働く場所を探しやすく、再就職が目指しやすいです。

また、医療事務資格の良いところは、他の資格に比べて比較的取得しやすい点もあるでしょう。

通信教育を使えば自宅で学ぶこともできますし、在宅で試験を受けることもできますので、子育て中でも取得しやすい資格といえます。

医療事務の資格を取得するメリット

医療事務として働く場合には、どうしても資格が必要になるのでしょうか?

資格がなくても働くことが出来るのであれば、無理に取得をしなくてもいいような気がするでしょう。

資格取得のためには時間も費用もかかりますので、必要がないのであれば面倒だと思ってしまうはずです。

医療事務の仕事は、資格のない女性でも働くことは出来ます。

ですが、未経験者や資格のない人を雇ってくれるところは限られていますので、運よく求人を見つけることが出来ればいいですが、ほとんど求人はないと考えておいた方がいいでしょう。

そうなると、取得できる時に取っておいた方が、今後求人を探しやすくなります。

医療事務の働き方について

医療事務として働く場合にはどのような働き方がいいでしょうか。

正社員として働けばボーナスもありますし、福利厚生などもあり、理想的な働き方になります。

子供が独立した後に働くのであればそれでもいいですが、まだ小学生くらいであればパートなどで働く方がいいでしょう。

医療事務がパートとして働く場合には、午前もしくは午後からの出勤という働き方が多くなります。

子供の帰宅時間に合わせたいのであれば、午前中に働くようにしておけばいいでしょう。

医療事務の仕事について

医療事務と聞けば、事務仕事のイメージを持つ人もいますが、実際には事務仕事だけをこなしておけばいいというわけではありません。

働く場所によっては、事務仕事以外に受け付けもしなくてはなりませんので、コミュニケーション能力も求められる仕事になります。

受付で患者と話をすることもありますし、時にはクレームを受けることもあるでしょう。

その時にうまく対応することが出来るようにしなくてはなりませんので、コミュニケーション能力を磨いておくことも大切です。

どうしても受付仕事がしたくないのであれば、出来るだけ大きな医療機関で働くようにしておいたほうがいいでしょう。

大きな医療機関であれば、受け付けは受付の仕事をし、入力作業をする人は入力に集中して仕事をするといった風に、分業をされているところもあります。

そういったところであれば、希望を出せば入力作業のほうで働かせてもらうことが出来ますので、受付をする必要はないでしょう。

小さな医療機関であれば、少ないスタッフで仕事をこなしていく事になります。

そういったところであれば、医療事務以外の仕事もしなくてはならない場合もありますので、柔軟にこなしていくようにしなくてはなりません。

職場は自宅から近い方がいい?

自宅近くの病院が働きやすいですが、自宅近くで働く場合には、子供と同じ学校に通う母親が勤務していることもあります。

少ない人数で働く場合には、休日に関しては融通が利きにくくなる場合もあるでしょう。

もし3人しかスタッフがいない中で、2人が同じ日に休もうと思えば、残る1人の負担が大きくなりすぎます。

例えば、参観日などの学校行事が同じ日になりますので、休みたい日が同じになってしまうのです。

そうなると、休みたい日に休めなくなりますので、自宅近くで働く場合にはデメリットも伴ってくることになるでしょう。

自宅近くで働く場合でも、スタッフが多いところで働くのであれば休日も取りやすくなります。

3人中で2人が休むのと、10人中で2人が休むのとでは負担がかなり変わってくるからです。

雇ってくれるならどこでもいいと働く場所を決めてしまえば、融通が利かずに働きにくいこともあります。

女性にとって働きやすいはずの医療事務の仕事で働きにくくなってもいけませんので、資格取得後にどこで働くのがいいかを決めなくてはなりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「パタンナー」

パタンナーは、デザイナーのデザイン画をもとにして、型紙に起こして立体化して、生地、ボタンのサイズ、納品チェックなどを行う専門家です。

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:カイロプラクター

セルフメディケーション時代の到来によって、いまでは自分の体は自分で管理しようという考え方が推奨されるシーンが増えています。 その中で、骨盤や背中などを矯正するカイロプラクティックなども注目されています …

就活で持っていたい資格「宅地建物取引主任者」のアピールできるポイント

就活で持っていたら有利となる資格の中でも、国家資格であるものの、会計士や税理士のようにそこまで専門知識が無くても取得できるのが「宅地建物取引主任者」 資格を持っていると、不動産への就職に有利となるほか …

外国語を学ぶ資格:実用フランス語技能検定試験(仏検)

インド・ヨーロッパ語に属する言語の1つにフランス語があります。 英語に次いで世界で2番目に使用されており、国連や欧州連合といった国際機関の公用語としても認められています。 英語とともに世界的な活躍を目 …

医療系の資格:歯科技工士になるには

歯科技工士は、患者さんのための人工の歯を専門としてつくる医療技術職です。 歯は体の一部であり、歯の健康のためにも必要な仕事です。

楽天モーションウィジェット