女性に役立つ資格:医療事務


子育て中の女性が無理をして働きに出たとしても、たくさんの収入を得るのは難しくなります。

有給がしっかりとれる正社員であればいいですが、パートなどであれば稼いだお金もほとんど保育所代で消えてしまうこともあるからです。

子育ての合間をぬって何か資格を取得すれば、いずれ役に立てることが出来ますので、今のうちに資格取得をしておくべきです。

女性が保有しておきたい資格としては「医療事務」の資格があります。

スポンサーリンク

医療事務の資格について

医療事務の資格を持っていれば、全国の医療機関で働くことが出来ます。

子育てが一段落した後でも働く場所を探しやすく、再就職が目指しやすいです。

また、医療事務資格の良いところは、他の資格に比べて比較的取得しやすい点もあるでしょう。

通信教育を使えば自宅で学ぶこともできますし、在宅で試験を受けることもできますので、子育て中でも取得しやすい資格といえます。

医療事務の資格を取得するメリット

医療事務として働く場合には、どうしても資格が必要になるのでしょうか?

資格がなくても働くことが出来るのであれば、無理に取得をしなくてもいいような気がするでしょう。

資格取得のためには時間も費用もかかりますので、必要がないのであれば面倒だと思ってしまうはずです。

医療事務の仕事は、資格のない女性でも働くことは出来ます。

ですが、未経験者や資格のない人を雇ってくれるところは限られていますので、運よく求人を見つけることが出来ればいいですが、ほとんど求人はないと考えておいた方がいいでしょう。

そうなると、取得できる時に取っておいた方が、今後求人を探しやすくなります。

医療事務の働き方について

医療事務として働く場合にはどのような働き方がいいでしょうか。

正社員として働けばボーナスもありますし、福利厚生などもあり、理想的な働き方になります。

子供が独立した後に働くのであればそれでもいいですが、まだ小学生くらいであればパートなどで働く方がいいでしょう。

医療事務がパートとして働く場合には、午前もしくは午後からの出勤という働き方が多くなります。

子供の帰宅時間に合わせたいのであれば、午前中に働くようにしておけばいいでしょう。

医療事務の仕事について

医療事務と聞けば、事務仕事のイメージを持つ人もいますが、実際には事務仕事だけをこなしておけばいいというわけではありません。

働く場所によっては、事務仕事以外に受け付けもしなくてはなりませんので、コミュニケーション能力も求められる仕事になります。

受付で患者と話をすることもありますし、時にはクレームを受けることもあるでしょう。

その時にうまく対応することが出来るようにしなくてはなりませんので、コミュニケーション能力を磨いておくことも大切です。

どうしても受付仕事がしたくないのであれば、出来るだけ大きな医療機関で働くようにしておいたほうがいいでしょう。

大きな医療機関であれば、受け付けは受付の仕事をし、入力作業をする人は入力に集中して仕事をするといった風に、分業をされているところもあります。

そういったところであれば、希望を出せば入力作業のほうで働かせてもらうことが出来ますので、受付をする必要はないでしょう。

小さな医療機関であれば、少ないスタッフで仕事をこなしていく事になります。

そういったところであれば、医療事務以外の仕事もしなくてはならない場合もありますので、柔軟にこなしていくようにしなくてはなりません。

職場は自宅から近い方がいい?

自宅近くの病院が働きやすいですが、自宅近くで働く場合には、子供と同じ学校に通う母親が勤務していることもあります。

少ない人数で働く場合には、休日に関しては融通が利きにくくなる場合もあるでしょう。

もし3人しかスタッフがいない中で、2人が同じ日に休もうと思えば、残る1人の負担が大きくなりすぎます。

例えば、参観日などの学校行事が同じ日になりますので、休みたい日が同じになってしまうのです。

そうなると、休みたい日に休めなくなりますので、自宅近くで働く場合にはデメリットも伴ってくることになるでしょう。

自宅近くで働く場合でも、スタッフが多いところで働くのであれば休日も取りやすくなります。

3人中で2人が休むのと、10人中で2人が休むのとでは負担がかなり変わってくるからです。

雇ってくれるならどこでもいいと働く場所を決めてしまえば、融通が利かずに働きにくいこともあります。

女性にとって働きやすいはずの医療事務の仕事で働きにくくなってもいけませんので、資格取得後にどこで働くのがいいかを決めなくてはなりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

女性に役立つ資格:フードコーディネーター

近年では、女性に人気の資格の一つに「フードコーディネーター」があります。 年齢制限などはなく、いつでもチャレンジできる資格の一つです。

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:はり師・きゅう師

西洋医学の発達はめざましいですが、それに対して東洋医学の効能も注目されています。 そのため、最近では鍼(はり)や灸(きゅう)を受けられる施設も増えています。 東洋に古くから伝わっているのが鍼や灸で、は …

世のため人のため役立つ!法律に関する資格「ビジネス著作権検定」

著作権という言葉を聞いた事は、少なからず誰しもあると思うのですが、それが身近に自分とどれくらい関わりあるのかということは、案外知られていません。 そしてまた、この著作権に関して、自分自身が関わってこの …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営者検定試験」

昨今の経営を巡る環境は、不景気ということもあり、なかなか良くはならず、企業のトップとして大変なかじ取りを強いられることになっています。 このため、自分が本当にビジネスの才能があるのかどうか、トップとし …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」

4人に1人以上が、65歳以上という超高齢化社会が到来する中で、直近の課題になってきたのが住まいです。 誰もが安心して暮らせる住まいという条件を満たすには、様々なことを考える必要があります。

楽天モーションウィジェット