あまり知られてない世界の趣味:チェス

白黒の市松模様の盤面で白と黒の駒が相手の王を獲らんと戦いあうボードゲーム、チェスは何となく知っている人こそいても、じっくりと遊んだことがある人というと少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

意外に知られてないチェスの奥深さ

日本ではこの類のボードゲームだと将棋のほうが人気があり、そのためチェスはマイナーという見方をされてしまいます。

確かに、日本人愛好家でも世界の場で戦っている人の数と言えば200人そこそこ、というのが現状です。

しかし、世界では7億人がチェスをプレイしていると言われ、将棋の段位にあたるレーティングという格付けが世界規模でされているなど、日本では馴染みがないながらも世界中で楽しまれているということも日本では知られてないことでしょう。

かなり大雑把にチェスを説明すると、西洋版将棋といったところでしょうか。

将棋で言うところの歩にあたるポーン、飛車のような動きをするルーク、角行のような動きをするビショップ、全方位に桂馬飛びできるナイト、ルークとビショップを重ねたような動きをする最強の駒クイーン、王将にあたるキングという様々な駒を使ってゲームを進めます。

将棋との相違点は様々ありますが、将棋のように取った相手の駒を自分が使えないという点や、ほとんどの駒が将棋のそれと比べて移動力が高い点などがあります。

そのため、将棋のノウハウを持っていたとしても、全く同じ戦法はチェスでは使用できないと思っていいでしょう。

その他にもチェス独特のルールがありますが、中世の戦争を模したゲームだけはある、と唸らずにはいられないユニークなものもあります。

ルールから学んでもほう、と唸ることでしょう。

日本の将棋と似通った特徴を持ちながら、全く異なった特性を持つチェスを思いっきり楽しんでみませんか。

昔から世界はチェスに熱狂していた

チェスがヨーロッパに伝わったのは8世紀でした。

もともとはインドのボードゲームの流れを継承していたものですが、中世のヨーロッパで行われた戦争を模したものにゲームそのものが変革していき、キャスリングやアンパッサンなどヨーロッパの言語によって彩られた現在の形になったのは16世紀だったと言われています。

チェスが貴族のスポンサーを受けてプレーされるようになった17世紀から18世紀にかけて、当時の人々はチェスに熱中していました。

ついには当時作られ始めたからくり仕掛けを用いて、白黒の駒を動かす代打ちロボットを作成する者まで現れたのです。

1769年、ハンガリーの発明家ヴォルフガング・フォン・ケンペレンによって作られたロボットは、代打ちだけでなく、盤を置いた机の文字を指し示すことによって民衆の質問にも答えられるという優れものでした。

このトルコ人と名付けられたロボットは熟練者級のチェスの腕前を誇り、フランスやアメリカで次々に興行を行い、ナポレオン・ボナパルテなどの有名人とも一局交えたという話もある代物ですが、その存在は日本ではあまり知られてないのです。

もっとも、実は完全に機械仕掛けだけで動いていたのではなく、中に人が入っていたという事実が付いて来るため、全自動はもう少し夢のままだったのです。

人々は自動代打ちロボットの存在を心待ちにしていました。

その夢が叶えられるのはコンピューター発達以降の20世紀、自動でチェスをプレイできるプログラムの成立は情報科学分野での目覚ましい発展を表すと同時に、現代でも続く人間と人工知能、人口知性との長い戦いの幕開けでした。

見るだけでも楽しいゲーム

日本では麻雀や将棋、囲碁などの盤上で行われるボードゲームを扱ったテレビ番組は放送されますが、チェスを扱ったものは世界でもほとんどありません。

世界ナンバーワンのチェスプレイヤーを決める「通信チェス」と呼ばれるゲーム形式は世界中のプレイヤーが相手になるわけですから、もちろん一堂に7億人を集めるわけにもいきませんので、電子メールやインターネットを使った対戦を行います。

ただし、時差などの関係上、一局に数日、酷い時には数ヶ月という時間を要するため、テレビ中継は現実的な手段ではないのです。

ですがチェスを一度嗜むと、トップの戦いや空気感、張り詰めた視線の考査を想像して悶えることでしょう。

そんな場合にオススメなのが映画「完全なるチェックメイト」です。

映画のエンターテイメント性もさることながら、米ソ冷戦という題材を下地にした息をのむ戦いは間違いなく本物です。

実際の対戦を見ることが少なく、競技人口が決して多いとは言えない競技だけに、目指す息をのむようなゲームの雰囲気をイメージする上でも十二分に楽しめます。

ボビー・フィッシャーというプレイヤーは世間一般にはあまり知られてないのですが、アメリカ国籍だった彼は新たな理論を打ち立てるなどトッププレイヤーの肩書に恥じない功績の持ち主です。

日本の棋士、羽生善治さんがその名を取り上げたことでやや認知度は上昇しましたが、チェスのみならず様々なボードゲームの世界にその影響は届いています。

一見、あまり知られてないニッチな世界の話に見えますが、遊んでみると奥が深いボードゲームですので形からでも入ってみると面白いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:WEB制作

ホームページ制作って難しそうと思っていませんか? 簡単にできるツールから本格的な作り方まで紹介します。

男性に人気の趣味:神社仏閣巡りで味わう男のロマン

神社・仏閣めぐりといってしまうと老人の趣味と思われがちですが、実際にはそういった事はありません。 たしかに神社・仏閣にはお年寄りが多い印象がありますが、若い方も多く見られますし、男性には特におすすめの …

疾走感がたまらない!バイクツーリングの楽しみ方

日常から非日常に変わる瞬間は何歳になっても非常にドキドキします。 季節や疾走感を全身で感じることができるバイクツーリングは大人の冒険でもあります。 ましてや仲間と一緒に走ることができれば、それは新しい …

お部屋が癒しの空間に!フラワーアレンジメントを習ってみよう

女性の趣味として人気の一つにフラワーアレンジメントがあります。 お花があるだけで、安らぎの空間がつくれます。

将来仕事にできそうな趣味:手芸

皆さんは「手芸」と聞くと、どのようなものを思いうかべるでしょうか。 これまでは趣味の一環として、ちょっとした小物づくりなどを楽しむようなイメージを持たれていた手芸ですが、最近ではインターネット上の通販 …

楽天モーションウィジェット