あまり知られてない世界の趣味:ドッグスポーツ

犬を飼っている人は愛犬とのコミュニケーションをとっていることでしょう。

ドッグスポーツを行うことで、しつけや信頼関係の構築にも役立ちます。

スポンサーリンク

ドッグスポーツで愛犬との信頼関係をさらに築ける

フリスビーがあればOK、フリスビードッグ

「フリスビードッグ」は人と犬がフリスビーを利用して遊んだり、ルールに従って競争するドッグスポーツです。

フリスビーさえあれば、公園や庭・ビーチなどで愛犬と一緒に楽しめることができます。

フリスビードッグの歴史はあまり知られてないですが、1974年アメリカのドジャーズ・スタジアムで行われた大リーグの試合中に、パフォーマンスとしてアレックス・スタインさんと愛犬のアシュレイ・ウィペットがグラウンドで行いました。

それを見た世界フリスビー協会の会長がフリスビー世界選手権でのデモンストレーションとして、フリスビードッグを始めたのがきっかけと言われています。

日本では1994年頃にフリスビードッグが行われ、プロ野球のオールスターゲームにおいても演技が行われました。

日本ではあまり知られてないので、日本フリスビードッグ協会はフリスビードッグの普及や競技会を積極的に行っています。

フリスビードッグの魅力は飼い主と愛犬が一緒に楽しめるドッグスポーツで、フリスビーを通してしつけを行うことができ、愛犬との信頼関係を築くことも可能です。

フリスビーディスク1枚でできるので、お金をかけずに楽しくできることも魅力でしょう。

競技にはいくつか種類があり、ディスタンスは決められた時間において犬がフリスビーを何回キャッチできたか、どのような状態でキャッチしたかを競うルールです。

フリーフライトは5枚のフリスビーを90秒の間に自由に投げて演技の美しさを競争し、技の難易度や成功率、音楽と合っていたか、ショーマンシップなどが判定基準となり、優劣が決められます。

犬の障害物競走、アジリティー

ドッグスポーツの1つである「アジリティー」は、飼い主と犬が息を合わしてコースに置かれているハードルやトンネル・シーソーなど、さまざまな障害物を決められた時間内に確実にクリアしていく競技です。

いわゆる犬の障害物競争であまり日本では知られてない競技ですが、世界中でよく開催されています。

アジリティーの歴史はドッグスポーツとして比較的新しく、1978年イギリスでのクラフトショーにおいてデモンストレーションとして行われたのが最初と言われており、現在ヨーロッパを中心に世界中でアジリティーの競技会が行われています。

日本では1994年に競技会が開催され、1996年に世界選手権大会に日本代表選手を派遣しており、近年全国的な規模で競技会が開催されていて参加することが可能です。

競技会は犬のサイズや障害の種類などによって部門毎に行われます。

犬のサイズなどに応じて、スモールやミディアム・ラージのクラスに分かれており、ハードルの高さもサイズ毎に設定されたり、難易度や旋回スピードの違いでコースが設定されています。

コースの長さはだいたい100メートルから200メートルぐらいで、通常15個から20個ぐらいの障害物をクリアしなければいけません。

最初に人間だけがコースを回り、コースの内容や障害物をしっかりイメージし、自分と犬の動きをシミュレーションする必要があります。

その後人と犬が一緒になってコースを走り、幅の狭いドッグ・ウォークやウォール(壁)・ロングジャンプなどのいろいろな障害物を順番にクリアし、タイムを競うのです。

あまり知られてないドッグスポーツ、フライボール

「フライボール」は1970年代アメリカで作られたドッグスポーツで、1980年代に普及されヨーロッパやカナダなどに広がりました。

日本ではあまり知られてないですが、フライボールは4人のハンドラーと4匹の犬がリレー形式によって競うチーム競技と、1人のハンドラーと1匹の犬がタイムを競って争う個人競技があります。

4つのハードルとボールが出てくるボックスが設置され、レーン上で行われる競技です。

チーム競技では4組のハンドラーと4匹の犬が1チームとして、2つのチームがそれぞれのコースを使ってノックアウト方式で行われます。

犬はコースにある4つのハードルを飛び、フライボールのボックスを操作して、飛び出したボールを咥えてハードルを飛んで戻ってきてゴールするというルールです。

リレー方式で行われ、すべての犬がミスをしないで、先に走り終わったチームが勝者となります。

個人競技では1人のハンドラーと1匹の犬がチームで、2つのチームがそれぞれのコースを使って、タイムトライアルで競争するルールです。

犬はコースにある4つのハードルを飛び、フライボールボックスを操作し、出てきたボールを咥えてまたハードルを飛んで戻ってゴールします。

3回連続で競技を行い、最も早いタイムをベストタイムとして選び、早い順番に成績を決定するのです。

見ている観客も思わずハラハラどきどきしてしまう非常にエキサイティングする競技で、犬がボールを持ってくるという日頃のしつけも必要になってきます。

近年各地でフライボールの訓練競技会が開催されているので、以前よりは参加しやすくなっているドッグスポーツです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

楽しみながら女子力アップができる趣味:茶道

茶道の流派はたくさんありますが、共通しているのは、お茶を点ててお客様に出す作法を学ぶことです。 お茶のたて方には、道具の持ち方、運び方、畳の上での歩き方、点てる順序など、たくさんのスキルがあります。 …

モテたい人におすすめの趣味:天体観測

天体観測を趣味にするというのは実はかなりモテる可能性があります。 何故なら天体観測はロマンティックでいい雰囲気になるからです。

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:カヌー

体を動かすことが好きな人は、そのような趣味を持っていることが多いです。 昔に比べ、今はさまざまなスポーツが盛んに行われ、そのスポーツの成績や記録を争うことも楽しみの一つとなりました。

女子の間で大流行の人気アプリ「Foodie」の魅力

SNSで食べ物を投稿する人が増えて、スマートフォンのカメラ機能アプリにも新しいものがたくさんでています。 最近おすすめしたいのが、カメラアプリのFoodie。 食べ物がおいしそうに撮ることが出来るアプ …

自分だけの世界を表現!写生の魅力

写生は身近にある紙と鉛筆があれば、誰にでもすぐに始められる身近な趣味ですが、上を目指せば奥が大変深くやりがいのある趣味といえるでしょう。

楽天モーションウィジェット