医療系の資格:薬剤師になるには


薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受けて合格する必要があります。

試験に合格すれば、晴れて薬剤師として医療に従事できるようになります。

スポンサーリンク

薬のスペシャリストとして命を救う

薬剤師国家試験は誰でも受けられるわけではなく、大学の薬学部または薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了していることが必要です。

大学では生物化学・有機化学・薬剤学・疾病学などを授業で学びながら、調剤薬局で実習を受けるなど、知識から実技まで身につけていきます。

このカリキュラムが無事修了して卒業した人もしくは卒業見込みの人にだけに、受験資格が与えられるということですね。

ちなみに、薬学部は以前まで4年制でした。
それが平成18年4月の入学者からは6年制の課程を修了しないと受験資格が与えられなくなりました。
今までよりも2年長く学ばないと受験できなくなったのです。

このおかげで勉強できる期間は長くなりましたが、それに比例して学費も高くなっています。
他の理系の学部に比べて学費が高めになることが多いです。

これを考えると薬剤師を選ぶと経済的に負担が出てきそうですが、卒業後に薬剤師の資格を取得して医療に従事できるレベルになれば、元が取れる可能性が高いです。

誰でも試験が受けられる資格は学費がかからずに有利なように見えますが、最終的な就職や転職ということまで考えると、薬剤師の資格を取得しておくことで、生涯年収が普通の職業に比べてアップする可能性があります。

薬剤師の資格を持っているというだけで、特権が与えられるということですね。

薬剤師国家試験を合格するのは難しい?

薬剤師国家試験の合格率ですが、ここ数年は60~76%くらいです。

試験内容は4年ごとに見直されるので、常に一定ではありません。

最近出題された分野には、物理・化学・生物、衛生・薬理・薬剤、病態・薬物治療といった医学的なことから、法規・制度・倫理、実務など法律に関わることまであります。

試験はマークシート式の筆記試験で、全345問が出題されます。

必須問題と一般問題があり、7分野に分かれています。
これを2日間に分けて試験を実施します。

合格点は難易度によって補正されますが、基本はだいたい全配点の65%以上です。

一般問題が各科目の正答率が配点の35%以上、必須問題が各科目の正答率が配点の50%以上、全問題の70%以上という基準です。

このことから言えるのは、範囲が広いので、それを満遍なく勉強して理解しておかないと合格点に届かないということです。

大学入試などであれば苦手な科目を総得点でカバーして合格するという方法もありますが、薬剤師国家試験ではそれができません。

薬剤師が医療に関わっていくときには「この分野は苦手だから」と言えないからこそ、理解しておく範囲が広くなっているようです。

以前に比べれば2年間学ぶ時間の余裕ができたものの、だからといって楽になった訳ではないので、在学中には講義と実習に集中する必要があります。

合格すれば人を救える薬のプロになれる

薬剤師は求人が多く、安定した収入が見込めます。
今は仕事がない時代と言われていますが、薬剤師資格を持っていれば仕事に困ることはありません。

勤務場所は調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業・介護施設など色々あります。

合格するまでには努力が必要ですが、その知識を使って人を助ける仕事に関われるようになります。

調剤薬局で薬の調合をして、病気で苦しんでいる患者さんに薬を手渡したり、ドラッグストアで薬のことがわからなくて困っているお客様にアドバイスをしたり、といったこともできます。

ドラッグストアなどでは薬剤師がいなくても販売できる薬もありますが、薬剤師がいなければ売ることができない薬も扱っています。
そのため、資格を持っていれば全く求人が見つからないということはありません。

病院薬剤師はさらに専門的で、病気で入院している患者さんに対して適切な薬の管理を行います。
医師や看護師、管理栄養士など様々な人たちとコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があり、チームワークが求められます。

製薬会社などで研究に取り組んだり、営業として働く人たちもいます。
研究好きな人にとっては、創薬に関わることができる企業の仕事はやりがいがあるでしょう。
自分が研究を手がけた薬が認められて世に出る確率は高くありませんが、研究自体に面白みを感じられる研究熱心な人ならばぴったりの仕事です。

高齢化が進む中、薬剤師が地域の医療の管理者として関わっていくケースも増えています。
病院に行くまでではないけれども、薬について相談したいことがあるというときに薬剤師が活躍できます。

資格を取得すれば調剤業務という薬剤師らしい仕事ができるようになります。
薬を通して人を助ける仕事に就きたいという夢を持っているならば、薬剤師資格は役立ちます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

就活で持っていたい資格「秘書検定」のアピールできるポイント

就活を始めるときには、みな不安を抱えているものです。 これまで社会人として働いた経験がある人も少ないですし、社会の中で必要とされるマナーを、きちんと身に付けているかというと疑問に感じる方もいるでしょう …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空運航整備士

今や世界中で欠かせない移動手段となっている航空機ですが、安全に空を飛べるのは航空運航整備士たちの活躍があってこそです。 パイロットのように華々しくはありませんが、空の安全を守る立役者であるこの仕事は大 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語文章能力検定」

普段何気なく使用している日本語ですが、正確に使用できていない人が少なくありません。 現代は、情報化社会と呼ばれていますが、実際には情報に多くのノイズが混じっているのです。日常生活において、正しい情報を …

将来的に独立ができる国家資格「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産を有効に利用するために適正な価値を鑑定し、不動産の価格を導く専門職です。 その業務範囲は広く、個人はもとより企業に対するアドバイスから公的評価まで行います。 さまざまな働き方が選 …

美容やファッションに関わる資格:ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッション性はもちろん、カラーコーディネーターやビジネスをしていく上で欠かせない経営学を学べます。 更に美容等の分野も網羅しているカリキュラムで、幅広く様々な知識を得 …

楽天モーションウィジェット