山形県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

山形県は、くだもの王国として有名ですが、そばや三元豚、そして米沢牛など、おいしいものがいっぱいの県です。

山に囲まれた、豊かな自然の中ではぐくまれた名物グルメを、ぜひ堪能してください。

ここでは、気軽に食べられるB級グルメをご紹介します。

スポンサーリンク

山形ご当地グルメの定番はこれ

山形県内の日帰り温泉、屋台、アーケードなどで必ず見かけるのか、3個から4個の玉こんにゃくが、こっくりと茶色く色づいた、竹串か割りばしに刺さった「玉こん」です。

大胆に、醤油とあたりめの出汁とで煮しめられた玉こんにゃくに、多すぎるのではと心配になるくらい、からしをつけて食べると言う事なしの美味しさで、お祭りや海の家でも食べられます。

近くを通れば、あたりめのうまみを含んだ独特な醤油の香りが漂ってくるので、山形に住んでいる人なら、すぐに近くで玉こんが売られているのがわかるほどです。

特に寒い冬には、鍋から取り出されたばかりのアツアツの玉こんを、ハフハフと食べればもうポカポカです。もちろん、こんにゃくでできているため、カロリーも気にしないでOKです。

食べ応えもばっちりな、山形のソウルフード。山形に来たら、まず食べるべき、山形B級ご当地グルメの王様です。

王様が玉こんなら、女王役はもちろんこれ

山形で、玉こんとセットで並べられることも多い、山形の代名詞といえば「芋煮」です。芋煮というだけなら、宮城県など各地にありますが、たいていはみそ味、そして芋は、じゃがいもだったりさつまいもだったりです。

具のお肉も、豚肉がほとんどです。ところが山形の芋煮は、それらと一線を画す醤油味、そして使うお肉は牛肉。芋だって、じゃがいもやさつまいもは入れません。必ずサトイモです。

入れる野菜は、長ネギとキノコ。ちぎりこんにゃくと呼ばれる、指でちぎったこんにゃくを入れます。秋になれば、山形人はこの山形独特の芋煮を囲んで、芋煮会に花を咲かせるのです。

牛肉のうまみ、ネギの甘さ、ほっくりとしたサトイモが、やさしい醤油味の中で混然一体となり、体を芯から温める芋煮は、山形に来たら味わうしかないホットな女王様です。

おすすめは、お店の中で食べるのではなく、やはり芋煮会に参加して食べることで、これぞご当地グルメ、一味も二味も違います。

謎のおかし、どんどん焼きとは何ぞや

山形を歩いていると、ふとのぼりに書かれていたり、スーパーで売られていたりする謎のおかし、「どんどん焼き」。パッと見は何やら、和風のクレープの巻物のようなもの。

これはいったい何かというと、山形のおやつとして昔から愛されている、ソウルフードの一つなのです。なんと、戦前から売られていたとか。

ご当地グルメの定番、正体は割りばしに巻き付けられたお好み焼きのようなものです。

小麦粉を薄く延ばして焼き、魚肉ソーセージや海苔、紅ショウガなどを混ぜ込み、割られていない割りばしに、グルグルと巻き付けたものに、ソースをべったり、青のりをサラサラとつけてむしゃりとほおばると、なんとも安っぽいながらも、懐かしい味が広がります。

片手で食べられるのもポイントの一つなので、街中の屋台で買っても大丈夫。一本でかなりの満足感を得られる、小腹がすいた時のお供です。

夏だけ?冬でも!冷たい肉そば

山形のお蕎麦屋さんでよく見かけるメニューが「肉そば」。しかも、必ず「冷」「温」があります。そして、地元の人たちは、断然「冷たいほう」を注文します。

木枯らしの吹く日も、雪の日もなぜか「冷たいほう」です。それは、山形では「肉そば」イコール、冷たいものだからなんです。

山形の肉そばは、肉は脂肪の少ない親鳥の肉。コシのあるそばに、たっぷりと鶏肉のうまみが溶け込んだ、ちょっと甘めの透き通った冷たいスープがからんで、えも言われぬおいしさを奏でます。

具は、鶏肉と長ネギだけという潔さもあいまって、シンプルながらも忘れられない味です。

もちろん、あったかい肉そばのほうを選んだとしても、十分おいしいのですが、そばの噛み応え、鶏肉の本来の味を楽しめるのは、冷たいスープがあればこそなんですね。

山形に来たら、冬でもぜひ「冷たい肉そば」に挑戦してみてください。

とどめはデザー!ジェラートがうまい

山形は、くだもの王国。そして、新鮮な牛乳が取れる牧場もたくさんあり、あちこちでそんな搾りたての牛乳で作ったソフトクリームや、ピカピカのくだものの果汁を使ったジェラートが、売られています。

変わり種ジェラートが売られているところも多く、「お米ジェラート」「だだちゃ豆ジェラート」など、山形ならではのものもあれば、チョコレートや抹茶、ストロベリーなどのポピュラーなもの、季節限定のものなど、何度も行きたくなるラインナップ。

寒河江のチェリーランド、天童の道の駅サン・ピュア、東根市のよってけポポラなど、家族連れでも楽しめて、おいしいご当地ジェラートがあるという、夢のような場所もあちこちにあります。

2段重ねでも、400円程度で食べられるのも、うれしいところ。

山形の食べ物を思いっきり食べたら、ジェラートで締めてみてはいかがでしょうか。

最後に

おいしいものが、これでもかとある山形の、ご当地グルメ5選を紹介しました。

今回紹介したものは、いずれもお手頃な値段で楽しめる、県内のどこででも食べられるB級グルメです。

ちょっと小腹がすいたとき、ぜひ一度お召し上がりください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる動脈硬化の予防

寒い時期に、あったかほかほかのお鍋をみんなでつつくのは、まさに冬の風物詩。 一つのお鍋を囲んで、談笑しながら食べると、よりおいしく感じられますよね。

栽培しやすいハーブの種類:パセリ

パセリはすでにおなじみの野菜です。 そしてハーブとしての利用も知られています。 それほどパセリは昔から滋養のある野菜と知られていたことになります。

身体を冷やす野菜を暖める野菜に変える方法「圧力を加える」

寒い時期にスープのような温かい食事を取ると、体はとても温まります。 冬に外から家に着いて熱々の鍋料理やポトフなどを食べると、幸せな気分になって心まで温まるような気がします。 逆に冷えた料理は夏場にはひ …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふきのとう」

ふきのとうは、春が来る頃を示す山菜で、春を表現する山菜として扱われることもあります。 日本全国の山や野に自生しているため、時期になると各地でふきのとうが見つかるようになります。

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「カマンベールチーズ」

年齢と共にお肌にうるおいがなくなってきたとか、基礎代謝が落ちて、体が思うように動かなくなってきたと感じる方、特に女性は、ホルモンバランスの関係もあり、男性よりも衰えを感じてしまうでしょう。 だからとい …

楽天モーションウィジェット