山梨県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

山梨県では、米が貴重なために、この地域のご当地グルメには、うどんなどの麺料理が多いのが特徴です。

山里でありながらも、海産物を使った名物があることも、見逃せません。

さらに、酒の肴として珍重される珍味の種類も、多彩です。

スポンサーリンク

富士吉田市で人気の吉田うどん

富士山の北側に位置する富士吉田市では、吉田うどんがご当地グルメに選ばれています。

山間部に囲まれている山梨県らしい名物ですが、他の地域のうどんとは明らかに違った特徴があります。

吉田うどんの原料となるうどんは、コシが強いために、煮込みにしても味が損なわれることがありません。

吉田うどんは、江戸時代から食べられているご当地グルメですが、もともとは西洋野菜になるキャベツを加えることが多くなり、独自な魅力を持ったご当地グルメになった経緯があります。

馬肉を加えることがあるのも特徴ですから、豊かなコクも特徴になる料理です。

吉田うどんの材料には、富士山の伏流水も使われていますから、地産地消のご当地グルメに必要な条件を満たしています。

富士吉田市には全部で60軒ほどのうどん店があり、年間を通じて観光客の注目を集めています。

多彩な材料で作られるほうとうは冬の代表的な料理

ほうとうは、山梨県の厳しい自然環境の中で育まれたご当地グルメで、現在では観光目的の店も多くなりました。

平たい形状になるうどんを材料にしますが、最初に下茹ですることはありません。打ち粉が付いたままのうどんを煮汁に加えて、野菜やキノコなどの多彩な材料を加えて煮込みます。

カボチャは特に重要な材料で、味噌仕立ての味付けに豊かな甘味を加えるために役立っています。

ほうとうを提供する店は、富士山の周辺をはじめとして、山梨県の主要な道の駅などに点在しています。お土産用のほうとうも人気が高いため、各地の販売店に置かれています。

冬の時期には、石和温泉などの温泉地に訪れて、入浴後に食べれば体は芯からポカポカに温まります。

冬の旅行中には、山中湖周辺のペンションや旅館に訪れて食べることもできるため、グルメの楽しみが広がります。

珍味としても知られる鮑の煮貝

山梨県には海はありませんが、ご当地グルメの中には、海産物を使った種類があります。

代表的なのは、鮑の煮貝と呼ばれる料理で、昔から貴重な保存食として重宝されていました。

鮑の煮貝の原料は、甲斐国の隣にある駿河国で取られたもので、海から山間部を経て運んだという記録が残っています。

煮貝にして加工すると、長期にわたって保存できるだけでなく、格段に旨味が増して美味しくなることも重要です。

こうした特徴があるため、鮑の煮貝は最高の珍味の一つにも選ばれています。あるいは、山梨県を代表する酒の肴としても有名です。

鮑の煮貝は、山梨県内の主要な百貨店や、道の駅などで入手することができます。

甲府市内には、鮑の煮貝を取り扱う店が多いため、旅行中に立ち寄ったときには食べることがおすすめです。

今では、取り寄せも手軽にできますので、定期的に食べることも容易になりました。

おざらは夏の時期に好まれるご当地グルメ

冬には、温かいほうとうを食べて体を温める習慣がありますが、甲府盆地の夏は大変に暑いため、美味しく食べるためには工夫が必要です。

おざらという料理は、麺はほうとうと同じうどんを使いますが、冷たい状態で出すのが特徴です。

一方で、つけ汁は温かくするため、冷やしすぎて旨味が乏しくなることがありません。

おざらも米が貴重な地域で生まれた料理ですが、今でも山梨県のご当地グルメとして人気を集めています。

うどんは冷たくすることで、喉越しは爽やかになるため、暑くて食欲がないときでも食べやすくなります。

おつゆには、豚肉などの肉類をはじめとして、地元産の野菜を豊富に使いますから、夏バテ予防に必要な栄養は余すことなく含まれています。

おざらも、お土産用の製品が売られているため、山梨旅行の途中で見つけたときには、自宅用として購入してみてください。

甲府市のご当地グルメとして紹介される、甲府鳥もつ煮

甲府鳥もつ煮は、山梨県のご当地グルメとしては比較的に新しいもので、戦後の1950年に生まれています。

ニワトリの内臓が主な原料で、これを甘辛い調味料を使って、煮詰めて作る料理です。

通常のもつ煮とは違って、長時間にわたって煮込むことがないため、素材本来の持ち味が損なわれることがありません。

中身には、キンカンと呼ばれる卵も入りますから、実際に食べれば豊かなコクも実感できます。

甲府鳥もつ煮が、本当の意味で有名になったのは、2008年以降に、甲府市の町おこしを考えた宣伝を開始してからです。

地域のB級グルメとして紹介されると同時に、テレビ番組でも取り上げられるようになったことで、甲府鳥もつ煮の知名度は大幅に上昇しました。

こうした努力のおかげで、今では甲府市内の各地で食べられるようになり、山梨県へ訪れた観光客からも注目される状況になりました。

最後に

吉田うどんは、キャベツを具材にしてコシが強い麺が特徴になる、ご当地グルメです。

ほうとうは、冬の時期には特に人気ですが、夏の時期になると麺が冷たいおざらを食べる伝統があります。

甲府鳥もつ煮と、鮑の煮貝は珍味としても有名で、地元産の酒との相性も抜群です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

肌にいいビタミンCは【パプリカ】で摂ろう!

シミやそばかすの悩みを解消したり、いつまでもきれいな肌をキープするためには、栄養をしっかり補給することが大切です。 美肌のためのビタミンと言われているビタミンCは、パプリカを使って摂取するのがおすすめ …

肌にいいビタミンCは【ブロッコリー】で摂ろう!

肌にいいビタミンCをブロッコリーで摂りたいのは、数多く含まれる栄養の中でも、ビタミンCが突発して多く含まれるためです。 ビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養がある野菜であり、水溶性という特徴があ …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:チョコレート

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、チョコレートがあります。 色々なチョコレートを試してみるのもいいですね。

毎日のコーヒー代を節約する方法

朝食時や食後に必ずコーヒーを飲む方、また、仕事などの休憩中に飲む方もいるでしょう。 コーヒー好きの方は一日に何杯もコーヒーを飲むという場合もあります。 ほっと一息つけるリラックスになりますし、飲まない …

肌の老化を防ぐポリフェノールは【チョコレート】で摂ろう!

女性は年を取るとともに、顔のシワ、シミなどが増えると悩まれる方は多いです。 ファンデーションで隠そうとすると、化粧が濃くなり、余計に老けて見られてしまいます。 実は、肌の老化を防ぐことができる栄養素と …

楽天モーションウィジェット