秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:イエロー

イエローと一言で言っても、たくさんの種類があります。ネオンカラーの派手な色味だったり、パステルなどの優しい色味など、その季節毎に合わせた色味があり、色々とコーディネートを楽しめます。

また、どの季節でも楽しめる色です。

スポンサーリンク

イエローのイメージ

色には、その色が持つ印象が強く、青は夏や、ピンクは女の子らしいなどのイメージが浮かびます。そのイメージは、季節を感じたり、その色の服を着るだけで、涼しさを感じたり暖かく感じたりと、様々な力があります。

春は、花が咲き誇るイメージで、ピンクを思い浮かべます。また、優しい雰囲気のパステルカラーや新緑の緑もイメージしやすいですね。夏なら、青や元気なイメージのあるオレンジなどを思い浮かべます。

青は、海や空のイメージで、海水浴や、昼間の時間が長いため、青い空を見上げる時間が長いためでしょう。

秋や冬は、その物悲しい雰囲気で、茶色や灰色などの、くすんで切ない色が思い浮かばれます。落ち葉や太陽の昇っている時間が少ないために、そうかんじるのだと思います。

そんな中で、黄色は、どの季節のイメージかと聞かれても、あまりピンときません。イエローの色味は、少し薄くなったりくすむと印象が変わります。

どの季節がというわけでなく、どの季節にも似合う色なんじゃないかと思っています。少し色味が変わるだけで、そのイメージを180度変える力を持っています。

どの季節にも似合うイエロー

黄色は、多様な色味で四季折々に楽しめる色だと思います。カラーパンツで黄色を選べば、差し色としての楽しみ方はもちろん、それを主役にしたコーディネートなど多種多様な使い方ができます。

アウターなら、カーディガンを選べば可愛らしい雰囲気になりますし、トップスならTシャツといった感じで夏の暑さを吹き飛ばせるぐらい、元気をもらえる色味になります。

春には、マリーゴールドのようなふんわりとした優しいカラーが似合います。夏は、ビタミンカラーと言われるパキッとしたイエローが元気にしてくれます。

秋冬は、少しくすんだからし色が、優しく暖かな気分にさせてくれ、寒い季節に目で見てもほっこりとするような暖かみを与えてくれます。

ただ、夏にからし色だったり、秋冬にビタミンカラーのイエローを取り入れると、やはり暑苦しく感じたり、寒々しく感じたりしてしまいそうです。

夏にからし色を、秋冬にはっきりとした色味の黄色を着たいといった場合、ボトムスならアウターやトップスなどに、アウターならボトムスなどに、何色を合わせるかで、変わってきますよね。

黄色にに似合う色は何

ボトムスやトップス、アウターに黄色を持ってきて、次に考えるのは、アウターならボトムス、ボトムスならアウターといった風にコーディネートです。

黄色のカラーパンツを選んだら、トップスには、白のシャツやTシャツを持ってくると、大人っぽく着こなすことができ、イエローのスカートの場合だと華やかな印象になります。

ネイビーやブラウンも、似合います。鮮やかなイエローをしめてくれて、大人の着こなしになります。

トップスやアウターをイエローにした場合、ネイビーや黒をボトムスに持ってきて、パンツにした場合、イエローが差し色になり、地味な雰囲気を変えてくれるでしょう。

ネイビーや黒をスカートにすれば、甘すぎガーリーなコーディネートが出来上がります。白色のスカートなら、ふんわりとした女の子らしさを引き出してくれます。

また、服やパンツに限らず、カバンやアクセサリーなどの小物にイエローを使えば、差し色の効果は一段と強まります。

暗めの色でコーディネートした場合、黄色の小さめのショルダーバッグを肩からぶら下げれば、辛さの中に甘さをミックスさせることができます。

秋にかけてのイエロー探し

イエローは、どちらかといえば、ビタミンカラーとしてのイメージが強い色です。淡いパステルカラーのものもありますが、イエローのイメージといえばはっきりとした色味でしょう。

夏の夜空の下には、鮮やかなイエローが似合うでしょう。 季節もうつろい、少し肌寒くなり、物悲しくなる季節にも、明るさをくれるものとして、敢えてパキッとしたイエローを選ぶのもいいと思います。

ただ、暑い夏だからこそ映えていたので、コーディネートに秋らしさを加えたいなら、合わせる色を工夫します。やはり秋口になると、爽やかな色味は少し肌寒さを助長する気がします。

水色を合わせれば、夏なら爽やかなコーディネートで素敵です。秋は少しブルーを濃いめにして、ネイビーや少し濃いめのブルーを選ぶと明るいイエローを抑えてくれるでしょう。

あとは、材質を温かいものにしたり、カーディガンなどの羽織ものに、イエローを取り入れるといいでしょう。

秋口に流行るイエローと言えば、からし色があります。茶色がかった色味でボルドーやカーキーと並んで秋の色味として人気があります。

秋は少し濃いけれど、くすんだような色が似合う季節だと思います。

最後に

秋に、ビタミンカラーのイエローも素敵です。ただ、その季節に一番似合う色というのがあると思います。

かたにとらわれる必要はありませんが、旬の食べ物があるように、旬の色もあると思うので、限られた期間だけ楽しめる色があるのもなかなか楽しいことですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

流行のチェック柄、ボトムスで取り入れよう!

ファッションにおいて、チェック柄は定番ですが、流行で人気が出る機会も多いので、コーディネート方法を知ると楽しめるチャンスが広がります。 上着にもワンポイントでも使えるチェック柄ですが、ボトムスに取り入 …

プチプラアイテムでもオシャレに見える!「デニム」

ファッションコーデがしやすいアイテムとして、デニムはとてもおすすめです。 コーデ次第で、使い勝手が良いデニムは、ハイレベルなオシャレを楽しむこともできますし、セレブの間でも人気があるファッションアイテ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「パーカー」

夏でも、プールや海で遊んだ後、肌寒くなる事があり、オールシーズンにおいて、肌寒い日に使える羽織ものがパーカーです。 パーカーの選び方によって、ユーザーのコーディネーションにバリエーションを与える事がで …

赤パンツを堂々と履きこなしてオシャレを楽しむ

2017年のトレンド、注目カラーは赤です。 赤は勝負カラーとも言われており、ここぞという時に着る方も多いのではないでしょうか。ただ、はっきりとした派手目な色なので、着慣れないと着るのに勇気がいるかもし …

「大人の差し色」の取り入れメソッド:さりげないアクセサリーに

ファッション誌や、コーディネートをレクチャーしているテレビ番組などを見ると、差し色という言葉がよく使われていることに気づきます。ファッションに興味のある人なら既にご存知のことでしょうが、差し色とはその …

楽天モーションウィジェット