成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「幼稚園教諭」

幼稚園教諭はその名前の通り、幼稚園での幼児の保育を中心とした業務を行う事ができる、専門性の高い資格のひとつです。

スポンサーリンク

幼稚園教諭とはどんな仕事なのか?

対象となる幼児は、幼稚園に通っている満3歳から小学校に入学するまでとなっていて、保育だけではなく運動や音楽・遊びなどを通じて、子どもの発育や成長を促すための教育を行うと言うところが、大きな特徴となっています。

なので、子供の世話をするだけではなく、教育の面でも知識や技術を身につけておく必要があるため、教諭と言う名前がついています。

また幼児の保育や教育のほかにも、保育計画の立案、行事の準備、保護者向けのお便り作成など、多種多様な業務をこなさなければいけないため、多忙な業務内容となっていますし、保育園と違って幼児の送迎も業務内容のひとつに入っています。

このように、保育士とはまた違ったスキルや目的を持った、保育を行う事が目的の資格として活躍しているのですが、最近では保育園と一体型となった幼稚園も増えてきていることから、以前よりもさらに資格としての需要が高まってきている傾向があります。

そんな幼稚園教諭の資格には、実はいくつかの種類があり、それに応じて職時の初任給や給与などの待遇で、差が出るという場合があります。ですが基本的に、種類によって対応できる業務が異なっていると言うわけではなく、いずれの資格も、指定された学科を有している大学及び短大を卒業すれば、幼稚園教諭としての資格を取得できるようになっています。

ただし注意点として、幼稚園教諭として社会に出て働く場合には、必ず「幼稚園教諭採用試験」を受けて合格する必要があるとされています。

幼稚園教諭の資格を取得するためには

そんな幼稚園教諭の資格を取得したいと言う場合は、国家資格であるということで、まずは文部科学省が認可している大学及び短期大学の学科に入学する必要があります。これは資格取得の条件として、実技や実習を受けていることが挙げられているためであり、一定年数の実技講習や実習をクリアしていなければ、免許を取得する事が出来ないようになっています。

その後、学科の教育課程を修了すれば卒業と同時に資格を取得できるようになっていて、大学院・専修・大学までの場合は1種・短期大学の場合は2種の資格を取得できます。特に取得するための試験は設けられていないため、必要となる科目や単位を履修しておけば、基本的には誰でも幼稚園教諭になる事ができます。

また別の方法としては、保育士の養成学校を卒業して取得すると言う事も可能となっていて、こちらは保育士としての実務経験が3年以上と言う条件が設けられています。それをクリアして幼稚園教員としての認定試験に合格する事ができれば、短期大学を卒業したのと同じ取り扱いになるので、二種の幼稚園教諭の資格を取得する事ができます。

このように、保育士の免許を持っている状態でも、幼稚園教諭の資格を取得できるようになっており、近年増え続けている一体型の施設などの事情もあることから、保育士と幼稚園教諭の療法の資格を有しておくことが望ましいと考えられています。

どちらも、子供の保育と発達・成長に関わる仕事であるということから共通点も多く、両方の資格を取得しておく事は、スキルアップの面でもおすすめされることが多くなっています。

どのような分野で活躍する事ができるのか

では幼稚園教諭の資格を取得した後は、どのような分野で活躍する事ができるのかというと、まず保育の分野が代表的です。その名前から連想できるように、基本的には幼稚園での就職が基本となっており、まずはそちらで基本的な業務や技術・知識を身につけることによって、子供とともに自分自身を成長させる必要があります。

ただし、幼稚園にはそれぞれ公立と私立があり、公立の場合は各市区町村の採用試験、私立の場合はそれぞれ幼稚園での採用試験を受ける必要があります。特に公立は、公務員として仕事をするようになるため人気が高いのですが、少子化の影響を受けていることから、求人も少なくなっているので難関だと言われています。

採用試験そのものに関しては、幼稚園によって若干内容が異なっていることもありますが、第1次試験として筆記試験を受けて合格した人のみ、第2次試験として面接が実施されると言うスタイルが一般的です。ちなみに、面接では実技としてピアノの試験が行なわれる事も珍しくないようで、ピアノ技術は必須技能だと言われています。

それでは、幼稚園以外で活躍できる分野や職場はないのかと言うとそういうわけではなく、実は福祉の分野でも子供に関連した施設であれば、活躍できる可能性があります。特に児童養護施設や盲児施設・ろうあ児施設、肢体不自由児施設、自閉症児施設、母子生活支援施設、重症心身障害児施設、知的障害児通所施設など、何らかの障がいを抱えている幼児の療育・教育で需要があります。

ほかにも放課後等デイサービスや児童発達支援などでも需要があるということもあるので、幼稚園以外にも選択肢があるという事を念頭に入れて、自分がやりたい仕事を見つける事が大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:アーユルヴェーダセラピスト

健康や美容についての意識が高い人々の間では馴染みの深いアーユルヴェーダ。 欧米では美と健康をキープするために、セレブリティーが取り入れているホリスティックな医療法として有名です。 日本でも普及しはじめ …

旅行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

旅行事務と言っても、職場によって要求される能力は変わってきます。 カウンター業務が主体の場合もあれば、経理などのスキルが採用条件となる場合も見られます。 絶対必要という資格は無いですが、採用試験で優位 …

外国語を学ぶ資格:TOEIC

海外で働くために必要な語学の資格といえばTOEICと誰もが口を揃えて言うほど、とても有名な資格です。

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

公務員になるための試験:警察官

警察官といえば、国と社会を成り立たせるためには不可欠な存在です。 世のため人のために働き、秩序を正すのが仕事です。 警察官はやりがいが大きく、社会貢献したい人にはぴったりです。 ただし、警察官になるた …

楽天モーションウィジェット