初心者のためのヨガ入門:必要な服装と道具

ヨガを習いたいけど、何を持っていたらいいの服装はどんな格好でいいのかと迷うという方に、今回はヨガに必要な物をまとめてみました。

スポンサーリンク

ヨガを始めるのに必要な服装&もの

はじめてヨガ教室に行く時は、いったいどういった服装で行けばいいのか、戸惑いますよね。

ひとりだけなんだか違う恰好で浮いてしまうのではないか。
必要なものを持参せずに、困ってしまうのではないか。
初心者でも本格的にウェアをそろえなければならないのか。
そんな不安がわきますよね。

でも大丈夫。
基本的に初心者クラスであればヨガマットなどの道具は持参しなくても、無料で貸し出ししてくれる教室がほとんどです。

服装も初心者であれば、本格的なウェアをわざわざ購入しなくても大丈夫。
中にはオシャレなジャージで通っている人もいます。
Tシャツ、短パンでもかまいません。
ヨガをおこなっていると、代謝がよくなり体も温まりますから半袖であっても大丈夫です。

持参したほうが良いものとしては、汗をかいた時、顔などを拭けるタオル
教室によっては、手の届かないポーズをとる時の補助として使うこともあるそうです。
念のため持参しましょう。

あとはミネラルウォーターくらいです。
特にホットヨガはものすごく汗をかきますので、水分がすぐとれる水は必須です。

服装は前記したとおりジャージなどでもかまいませんが、以下のような注意点があります。

トップスについて

まず、大きな動きを妨げずに、動きやすい服装がベターです。

特にホットヨガの場合は汗を大量にかきますので、通気性がよく、汗のにおいを防ぐ効果のある布地をしようしているものであれば、なおいいです。

綿100%のTシャツやスウェットシャツだと、汗をかいた際に、身体にはりついて気持ちが悪いうえに動きづらくなるので、他の素材のものがいいかもしれません。

ちょうどユニクロのエアリズムなどが理想的です。
エアリズムは通気性がいいうえに、抗菌防臭効果もたかく、汗をかいても肌にくっついたりしません。
エアリズムのブラトップなどは、腕を動かすなどしてもトップブラの部分もずれず、非常にいいです。

ボトムスについて

続いて下半身の服装ですが、長いズボンタイプはあまりおすすめではありません。

できれば脛が出ているくらいの丈のものを選びましょう。

なぜかと言うと、ヨガのポーズの中には片足をあげ、あげた足を立っているもう一方の足にかける、などするものが意外とありあます。

そうした場合、長ズボンをはいていると非常に邪魔になりますし、間違って裾を踏んでしまい転倒してしまう恐れもあります。

例えばレギンスや、ハーフパンツ、リラコもいいかもしれません。
ただしリラコは綿のものが多いので、汗をかいた際、肌にはりつくかもしれません。

気になる人は、エアリズムのレギンスがいいかと思います。
足を出すのに抵抗があるならなおさらです。
レギンスであれば、足首まで隠せますし、裾を踏むこともありません。
エアリズムなので、トップスと同様に通気性がよく、動きやすいです。

それ以外であっても、同様に通気性がよく動きやすいものを同様に選びましょう。

ウエスト部分はゴムのものが楽でいいかもしれません。
ただし、締めつけの強すぎるものは、動きづらいかと思いますので、レギンスの場合はある程度伸縮性があるかどうかもチェックポイントです。

ヨガに慣れはじめて、もっと適したものが欲しいと思いはじめたら、スポーツ店でヨガウェアを購入して、コーディネートするとまた楽しいかもしれません。
お気に入りの一着で、モチベーションもあがるのではないでしょうか。

その他の注意点

他に注意点としては、手首をしめつけるような腕時計は外しましょう。
下を向いたりすることもありますので、ネックレスなどのアクセサリーは邪魔になりますから外しましょう。

またポーズによっては仰向けに寝っ転がることもあります。
髪が長くて結ぶ人は、寝やすいように結び目を頭の中心から少しずらしておくと、邪魔にならずに良いでしょう。

ヨガは基本的に裸足で行います。
ほとんどの教室は空調が効いていますし、ヨガを行っていれば身体が温かくなってくるので、裸足でも大丈夫です。

なかには足の裏にかなり力を入れるポーズもありますので、逆に靴下をはいているとすべりやすくて危険です。
気をつけましょう。

どうしても冷えが気になってしまう人は、すべり止めのついている靴下か、レッグウォーマーを使うなど工夫してもいいかもしれません。

慣れてきたらヨガマットも

慣れてくればレンタルのヨガマットではなく、マイマットを持参するのもいいかもしれません。
ヨガマットの価格帯はピンからきりまでありますが、量販店であれば1000円程度で販売しているものもあります。

一般的にヨガの場合、立位のポーズで足裏の感覚をつかんだりするので、厚さは薄めの4mm程度のものが理想です。

ただ4mmだと仰向けに寝っ転がるなどした時、背骨が痛い場合があります。
気になるようであれば、6mmの厚めのものを選んでもいいかもしれません。

厚めのヨガマットはピラティスでもよく使用されています。
また、ラグマットやゴム製の薄いマットを代用してもかまいません。
ただしラグマットの際は、すべらないものを選びましょう。

 

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, , ,

関連記事

フィギュアスケート観戦の楽しみ方【準備編】

フィギュアスケートは人気の高いスポーツの1つですね。 初めてフィギュアスケートを観戦しに行くという人も増えてきています。 フィギュアスケートは野球やサッカーなどの観戦とは異なり、スポーツとショーの中間 …

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(パター)

ゴルフでパターを上達させたいなら、まっすぐボールを打てるようになる必要があります。

野球の基礎知識:グラウンドと用具について

野球のグラウンドの基礎知識を身につければ更に楽しく 野球を見ているけれども、細かい部分のことがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。 打った投げたという部分を見るだけでも、十分に楽しむこと …

登山の料理道具の選び方

登山で、自ら調理する方に必須な料理道具のコッヘルですが、お湯を沸かしたりラーメンやスープ、ご飯を炊くなど万能なアイテムとなります。 クッカーとも呼ばれていますが、初心者で登山に行くという方は、コッヘル …

初心者のための乗馬入門:乗馬の騎乗レベルとは?

乗馬は、馬に乗りコース内を走ったりノンビリ歩く事を楽しむ趣味になります。 外国では歴史も古く、草原や大地を駆け回って馬と親しむ光景が見られます。 その他、趣味意外では、本格的な競技もあり馬術と呼ばれる …

楽天モーションウィジェット