ヨガで健康的にダイエット!効果が出る期間は?


ダイエットを行う場合、食事によるカロリーコントロールと運動による脂肪燃焼が基本的なもので、これらを続けていくことによって健康的なダイエットを行うことができます。

食事だけを極端に制限してしまうと、痩せてもリバウンドしやすく、肌や髪など美容にも影響を与えてしまいます。

栄養バランスの整った低カロリーな食事をすることで健康や美容に影響なく痩せていくことができ、運動を組み合わせることで脂肪燃焼するのと同時に筋肉をつけることでスタイルが良くなります。

理想として、運動を行うことがいいとわかっていても、普段運動しない人が急に運動すると様々な負担が体にかかってしまいます。

そんな時に体にあまり負担のかからない運動としてオススメなのがヨガです。

スポンサーリンク

ヨガでダイエットを始めよう

ヨガは、サンスクリット語の「ユジュ」という言葉が語源で、心と体と魂を神あるいは宇宙に結びつける修行法としてインダス文明で生まれたものです。

ポーズと呼吸法などによって肉体を浄化して強化する鍛錬法としてハタ・ヨガというものが開発されたのち、これを基本としてダイエットに利用できる現代のヨガが作られたとされています。

ヨガのポーズをとることによって様々な効果が得ることができます。

柔軟性をアップしたり、体の歪みをとることができ、姿勢が良くなる、呼吸をしっかり行う有酸素運動であることから代謝を高めることができ、血液の流れを良くしていくことができダイエット効果を得られる、脂肪燃焼しやすい体づくりになるほか、リラックス効果を得ることができるためうつ病の予防や改善などができるようになります。

その他、高温多湿の空間で行われるホットヨガは冷え性の改善やデトックス効果を得られるとされています。

また、血流を促進させることができるため肩こりや背中のコリを解消することができるほか、腰痛の改善などにも役立ちます。

リラックス効果は自律神経を整えることにもなります。自律神経が整えばスッキリと目覚めることができるようになり、ホルモンバランスも整ってきます。

ホルモンバランスが整うということは、便秘の改善や内臓機能の活発化などの効果を得ることができ、体温も上がるため不妊症の改善なども期待できます。

体力自体向上させることができ、瞑想などをすることによって集中力が高まり、穏やかな精神状態を作れます。

インナーマッスルが鍛えられることで、美しいプロポーションも手に入れられるなどのメリットがあります。

ヨガのみでダイエット効果が感じられる期間の目安

ヨガをダイエットに取り入れたいけれどしっかり効果が出なければ長続きしないという人もいると思います。

効果が出る期間としては人それぞれですが、目安としては3ヶ月~半年程度が必要になるとされています。

ダイエットでよく行われるウォーキングや食事制限に比べれば長いように感じますが、ヨガのみで痩せようとする場合は、ある程度期間が必要なことを理解することが大切です。

中には効果が出る期間として1年近くかかる人もいますが、その場合には食事などを見直すことをおすすめします。

ヨガの好転反応

ただ、気をつけたいのが好転反応が出ることです。

効果が出る期間までヨガを行っていると、途中で体調の変化が起こることがあります。

風邪に似た発熱や頭痛、下痢、吐き気などの症状が現れます。

人によってはニキビや肌荒れなどの肌トラブルや精神的にイライラしてしまうことなどが挙げられます。

これはヨガのデトックス作用によるものです。

体の中の老廃物や有害物質を出そうという働きで、体の中が綺麗になる前触れともいえます。

体調が悪いからヨガを途中で中断してしまうと逆効果になってしまうため、症状がひどい場合を除いてはこの好転反応期間もしっかり行っていきます。

骨格の歪みが改善されると好転反応は起こります。

好転反応は一時的なもので、悪化するということもないです。

長期間不調が続く場合には病気を疑った方が良いため病院の受診をオススメします。

ヨガを行うときの注意点

効果が出る期間までしっかり行っていくことは大切ですが、有効に効果を引き出すためには注意点にも気をつける必要があります。

注意点としては、行うときには自分のできる範囲で無理をしないで体を動かす、やり過ぎてしまうのも逆効果になってしまうため、長くても1日1~2時間程度にしておく、寝る前に10分だけでも良いので長く続けていくことなどが大切です。

また、ポーズの効果を理解して自分にあった練習メニューを行っていきます。

満腹のときに行ってしまうと内臓に負担がかかってしまうため食後に行わないようにし、できれば食後2~3時間以上あけた空腹時に行うと効果的です。

入浴前後は心臓に負担がかかってしまうため絶対に避けます。入浴前後に行いたい場合には30分は時間を空けてから行います。

十分に換気された適度に暖かい部屋で行い、気持ちを落ち着かせることのできるアロマやゆったりした音楽をかけて行うことがリラックス効果を高めます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, ビューティ
-,

関連記事

登山計画書の作り方

登山とは、登山口から下山するまでだけではなく、自宅を出てから帰るまでの全工程の事を意味しています。 そのため、登山計画書の中には、何時何分の電車に乗車するのか、最寄り駅には何時に到着するのか、帰りの時 …

甲子園を目指して!甲子園名勝負TOP10

魔物が棲むと言われる「高校野球の聖地」甲子園球場では、過去に幾多の名勝負が繰り広げられてきました。 その中から10試合、順位と一緒にご紹介したいと思います。

スライス対策|スライスの原因は?

ゴルフ初心者というのは、どうしてもスライスよりの球を打ってしまいがちで、真っすぐ飛んでいかずに悩んでいるという人は多いものです。 誰でも最初から上手くいくわけではないのですが、ゴルフというスポーツは、 …

プロ野球で日本一になるには?プロ野球の試合の仕組み

プロ野球選手として一番の夢は、自分が所属するチームがリーグ優勝、そして日本一になることです。 これを夢見て選手は努力し、弱いチームに属する選手は、日本一を成し遂げたいがために、移籍することになります。 …

登山のコースの考え方

登山コースを考える時、登山ルートが記されている地図を使って、目的となる場所へのルートを考えるのが一般的です。 登山ルートが記されている地図には幾つかの種類があり、地図を比較すると分かりますが、コースタ …

楽天モーションウィジェット