リラックスできるヨガのポーズ7選

ヨガ

未だにジムやヨガ教室で根強い人気があるヨガ。そんなヨガでリラックス効果があるのをご存知ですか?今回はリラックスしたいときに使えるヨガのポーズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゴームカアサナ

リラックスできるヨガのポーズ7選についてお話しします。まず1つ目は、ゴームカアサナと呼ばれる牛面のポーズです。これは肩こり改善や、お尻の柔軟性を上げる効果があります。また、腕や足、お尻を引き締める効果も併せてます。まず、地面にお尻を付けた状態から、どちらかの足をもう片方の足に乗せて交差させます。次に、上になった膝と同じ側の肘を頭の上から後ろに持って行きます。背筋は常に伸ばした状態にしておきます。気持ち前かがみにすれば完成です。

ブジャンガアサナ

2つ目はブジャンガアサナと呼ばれるコブラのポーズです。これは背骨を強化する効果があります。うつぶせの状態からスタートします。手のひらは胸の横に置き、お尻を引き締めながら恥骨を床に押し付けます。意識をすべて背骨に集中させ、ひたすら伸ばすことに重きを置きます。あまり剃り過ぎると腰を痛める可能性があるので、注意します。

アド・ムカ・シュヴァーナアサナ

3つ目はアド・ムカ・シュヴァーナアサナと呼ばれるポーズです。これは、背中を柔らかくして、腰痛を緩和する効果があります。両手両足を地面につけた状態で体をくの字に曲げます。お尻はなるべく突き出しましょう。そこから顔を足先の方に持って行きます。イメージとしては足先を見る感じです。こうすることでより鋭角な角度を付けた三角形の形になります。コツは両手両足をしっかりマットにつけたまま伸びをするという事です。伸びをすればするほどリラックス効果が得られます。

アンジャネアサナ

4つ目はアンジャネアサナです。股の関節の柔軟性を出すことで、背中や腰の脂肪を燃焼する効果があります。このヨガはどちらかの足を前にしてもう片方の足を後ろに伸ばして足の甲を床につけます。その状態を保ち両腕を上に伸ばしながら後ろに剃ります。この時になるべくこのポーズをキープするという事と、背中と後ろ足の太ももを近づけるイメージをすることでよりリラックス効果及びストレッチ効果が得られていきます。

ウッティタ・トリコナアサナ

5つ目はウッティタ・トリコナアサナと呼ばれるポーズです。これは姿勢を改善する効果があり、背骨を柔らかくする効果と、内臓器官の活動能力を高める効果があります。まず足を大股に開いて立ちます。両手を肩の高さまで持ってきて一直線に広げます。手のひらは下向きにします。そして肩に力を入れずに息を吐きながら体勢を真横に倒します。この時、片方の手で同じ側の足首を掴みます。目線はもう片方の伸ばした手の指先を見るとよりリラックス効果を得られるヨガのポーズになります。両足に均等に体重をかけることで体感トレーニングにもなります。体がそれほど和ら無くない人は無理せず最初は膝に手を置いてヨガのポーズに体を慣らすことに専念するといいでしょう。腹式呼吸を意識して腹を膨らまして息を吐くという事をしながら徐々に足首へと下の手を持って行きます。これを反対側もして左右均等のバランスが取れた体を作ります。

ウッタンプリスタアーサナ

6つ目は、ウッタンプリスタアーサナと呼ばれるトカゲのポーズです。これは股関節周辺の柔軟性を高めて足のむくみを解消する効果があります。まずヨガのマットの上に四つん這いの状態からスタートします。片方の足を両手の外側に持って行きます。出来るだけ肘を床の方へ下ろします。この時、ゆっくりやると体がリラックスできます。これは股関節に負担がかかるポーズですので、腕の下にタオルなどを置いて意図的に高さを出して負担が掛からないようにするといいでしょう。慣れてきたら徐々に高さを低くしていきます。上半身に意識を向けるのがコツです。なるべく床と並行を保つことでおなか周りの脂肪を燃焼させる効果もあります。

パスチモッタアサナ

7つ目のお勧めのヨガのポーズはパスチモッタアサナと呼ばれる前屈ポーズです。これは非常に簡単にできるポーズですので忙しい時でもすぐに行えます。このポーズは疲労を取り除いてリラックスする効果だけでなく、内臓器官の働きを向上させ、腰回りの脂肪を落とす効果があります。足を閉じてお尻を床につけた状態から両手を両足の外側に持って行きます。意識自体はおなかに集中させ、なるべく御中おなかと太ももを近づけます。腹式呼吸を意識しながらおなかを近づけるといいでしょう。足の裏から息を吸って、体を酸素が通り抜けて指先から空気を出すという全身を使ったイメージで呼吸していきます。このイメージをしながら呼吸することで有酸素運動になり、腰回りの脂肪を燃焼する効果があります。最初は半うつぶせに近い状態で呼吸しなければならないため、慣れるまで息が続かず苦しいですが、苦しんだ分、腹筋が鍛えられより多くの空気を肺に取り入れられる体を作り上げることが出来ます。目線は下になりますが、意識としてはおへその辺りに持って行きます。こうすることで、よりヨガに集中してリラックス効果を高めることが出来ます。以上が、お勧めするヨガのポーズ7選です。これらのポーズそれぞれで集中することで体の機能を高めるだけでなくリラックス効果が図れます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

登山のコースの考え方

登山コースを考える時、登山ルートが記されている地図を使って、目的となる場所へのルートを考えるのが一般的です。 登山ルートが記されている地図には幾つかの種類があり、地図を比較すると分かりますが、コースタ …

フィットネスボクシングに年齢制限はある?一日の練習量は?

痩せるため、筋肉をつけるため、護身のためなど、いろいろな理由からフィットネスクラブに通う人は多いものですよね。 中でもフィットネスボクシングをやると、筋力トレーニングやボクシングのスキルアップにも役立 …

スライス対策|スライスの原因は?

ゴルフ初心者というのは、どうしてもスライスよりの球を打ってしまいがちで、真っすぐ飛んでいかずに悩んでいるという人は多いものです。 誰でも最初から上手くいくわけではないのですが、ゴルフというスポーツは、 …

登山靴の手入れの仕方

最近は、テレビや雑誌でも特集が組まれるほど、登山が様々な年齢層の人々に人気を集めています。 ひと昔前では考えられなかったような、オシャレで機能的な登山グッズも数多く登場しており、色とりどりで可愛いグッ …

ヨガで健康的にダイエット!効果が出る期間は?

ダイエットを行う場合、食事によるカロリーコントロールと運動による脂肪燃焼が基本的なもので、これらを続けていくことによって健康的なダイエットを行うことができます。 食事だけを極端に制限してしまうと、痩せ …

楽天モーションウィジェット