初心者のためのヨガ入門:基本のポーズ


ヨガを初めてみたいけれど、難しそうだし、体が柔らかく出来ないんでしょ?と興味を持っているのに始められない方が多いですが、実際に体の硬い方も多いですし、無理にポーズを取ることはありません。

また、大事にしているのが呼吸であったり、リラックスすることですから、頑張り過ぎずに頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

ヨガの基本のポーズ

さて、ヨガ初心者さんが一番不安に思うのは、体が硬い、だからポーズを取れない、といったことでしょう。

しかし、どんなポーズも最初から綺麗に完璧に出来る人なんていません。

何度も練習をして、体を変えていくことにより、モデルさんがとっているような綺麗なポーズが完成します。

最初は上手く出来なくても、ありのままの自分を受け入れていきましょう。

少しずつ体も柔らかくなっていき、続けていくことによって、体の変化を感じられるようになるでしょう。

初心者の方にお勧めの基本のポーズをご紹介しますが、まずは基本をしっかりと行うようにしましょう。

ヨガの基本姿勢

ヨガの基本は姿勢にあります。

姿勢が悪いと、肺が圧迫されて呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、筋肉が緊張してしまい、上手くポーズが取れません。

まずはリラックスして呼吸をしてみましょう。

胡坐や正座、或いは寝っ転がった状態から呼吸をしてみましょう。

この時、姿勢をしっかりと正していきましょう。

座った姿勢だと、上手く姿勢を正せないと感じているようであれば、寝っ転がった状態で始めるのがおすすめです。

自然と背中や腰の緊張が取れて、呼吸がしやすくなります。

目を閉じて、鼻からゆっくりと息を吸い、鼻からゆっくりと息を吐く。

その呼吸に意識を向けていきましょう。

普段、無意識のうちに行っている呼吸ですが、一呼吸ずつしっかりと意識を向けて、深く行っていくことによって、リラックスすることが出来ます。

人は、何か一つに意識を集中していると、リラックスする傾向がありますから、普段から仕事や家事、育児が忙しいと感じている方、イライラしやすい方などは、まずは一息つくような気持で、リラックスしながら呼吸を行っていきましょう。

苦しくならないように、自分のペースで行います。

ゆっくりと、深く、気持ちよく行いましょう。

ほんの数回だけでも、イライラしていた感情が落ち着いていきます。

山のポーズ

さあ、心の準備も整ったところで、基本のポーズとも言われている山のポーズをとってみましょう。

山のポーズといっても、難しいポーズではありません。

単に立っているポーズです。

とは言え、しっかりと姿勢を正した状態で立つと、いつも使っていないような筋肉が使われていることに驚くでしょう。

まずは、両足をぴったりとくっつけます。

踵、膝、太ももの内側を近づけるようなイメージで、足の内側を意識しましょう。

足の裏は大地を感じるようなイメージで、大地にしっかりと根ざしていきましょう。

お尻を締めて、お腹を凹ませて、顎を引いて背骨の間を伸ばすようなイメージです。

頭のてっぺんから一本の糸で引っ張られているようなイメージで立っていきましょう。

肩や腕はリラックスさせます。

簡単なようで、案外難しいかな、と感じても、今の体の状態を静かに見つめていきましょう。

そのままの姿勢をまずは1分キープしていきましょう。

慣れてきたら、少しずつ時間を増やしていきます。

2分、3分。

姿勢を良くして立っているだけですが、時間を増やすごとにきついと感じてくるかもしれません。

それだけ、普段姿勢が悪くなっていたり、使っていなかった筋肉が使われている証拠です。

余裕が出てきたら、最初に行った呼吸のようにゆっくりと、深く呼吸を行うようにしましょう。

ある程度慣れてきたら、静かに目を閉じてみましょう。

目を閉じることによって、ふらつくような感覚があります。

そのふらつきを止めるようなイメージで、しっかりと立ちましょう。

単に立っているだけでも、自分の体の様々な状態を知ることが出来ます。

山のポーズの効果

姿勢を正す筋肉が出来上がりますから、腰痛や肩こりの改善、頭痛の改善、姿勢が正されることにより、バストアップ、ヒップアップ、ウエストを引き締める、内臓機能の活性化、代謝アップ、足の内転筋を使っていることによって、足の引き締め、筋力強化、О脚改善など、様々な効果効能が期待出来ます。

最後に

ヨガを始めたいけれど、ヨガって難しそうと思っている初心者の方は、まずは基本のポーズから初めてみましょう。

この基本のポーズである山のポーズが慣れてきたら、後はほとんど応用です。

そこから、前屈を入れてみたり、後屈をしてみたり、体側を伸ばしてみたり、ねじったり、片足立ちをしたり、自分の体を対話をするように楽しみましょう。

基礎が出来ていないのに、色々と頑張り過ぎてしまっても、上手くいかないことが多いです。

これはどの世界でも同じ。

足し算が出来ないのにいきなり因数分解をしようとするのと同じことです。

基本がしっかりと出来れば、その後のポーズの上達も非常に早く、また、様々なポーズにチャレンジしていく中で、どのようにすれば良いのか迷ったときも、この基本のポーズの原点に戻ることによって、迷いも吹っ切れます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|ルッツ

フィギュアスケートで難しいジャンプと言えば、アクセルが思い浮かぶかもしれません。 女子で、トリプルアクセルが飛べる選手が少ないために、脚光を浴びたことが過去にありました。 そのアクセルジャンプは、前向 …

東北新幹線で行けるスキー場9選

スキー場って山の上にあるので車やゲレンデ直通の夜行バスを利用しないと行けないと思っていませんか? 車だとスタッドレスタイヤをはいていても雪道の運転は怖くて疲れるし、夜行バスだと狭くて時間もかかる。 他 …

初心者のための乗馬入門:乗馬の騎乗レベルとは?

乗馬は、馬に乗りコース内を走ったりノンビリ歩く事を楽しむ趣味になります。 外国では歴史も古く、草原や大地を駆け回って馬と親しむ光景が見られます。 その他、趣味意外では、本格的な競技もあり馬術と呼ばれる …

サッカーの基本ルール : プレーヤー

サッカーは、一つのチームにつき、11人以下のプレーヤーで試合を行なうのが基本ルールです。 両方のチームを合計すれば、22人のプレーヤーが、ピッチの上で試合を行います。

心と体を鍛えて護身術にもなる?空手で学ぶ武道の世界

空手は日本の武道として古くから親しまれている格闘技の1つです。

楽天モーションウィジェット