イルミネーションがオススメ!「東京ドイツ村」のみどころ

東京ドイツ村は、千葉県袖ヶ浦市にある、花と緑が楽しめるテーマパークです。

スポンサーリンク

「東京ドイツ村」のみどころ

ドイツを旅行した気分に

何と、園内をマイカーで回れるので、好きな駐車区画に駐車できます。何しろ広大な園内ですから、全部歩いていたら休む暇がありません。年中無休で、年に数回車一台単位で1000円から1500円程の料金で入場するチャンスもあります。

2016年11月1日より、入園料が以下のように変更になりました。
・大人800円
・4歳から小学生400円

イルミネーション期間中は、駐車料金に入園料が込みで、
駐車料金
・乗用車2,000円
・大型バス13,000円
・中小型バス10,000円

となりました。

徒歩入園は、4歳以上一律一人500円です。通常営業時間は、朝9時から17時まで、最終入園は16時までですが、冬のイルミネーション期間中は、夜間営業がありますから楽しみです。

東京ドイツ村では、ドッグランの他に「ふれあい&お散歩できるわんちゃん」のエリアがあり、犬を飼っていない人でも、触れ合うことができます。

ふれあいは、1回500円、お散歩は15分で500円、小学生以下の場合は、中学生以上の保護者による付き添いが必要です。

ドッグランの利用については、1日800円で、犬の一時預かりは1時間500円となっており、ドッグラン以外での園内での犬の散歩はできません。

東京ドイツ村での他の施設には「こども動物園」があり、ミニブタやモルモット、ヤギ、ヒツジとの触れ合いや、リスのエサやりも出来ます。

また、ローズガーデンは、入場ゲートを入ってすぐ左側に円形になっています。約200種、5,000株のバラが、初夏と秋に楽しめます。そしてフラワーガーデンは、芝生と鮮やかな花々でドイツを旅行した気分になります。

温室もあり、椎茸の収穫体験もあります。園内中央にある芝桜の丘も、見頃になると最高です。

関東三大イルミネーションに認定されている東京ドイツ村

南房総最大のウィンターイルミネーションは、毎年テーマを決めて、電飾やオブジェを設置しています。ですから、初めての人も、そうでない人も、新鮮と感動を味わうことができます。

園内を、マイカーで移動できますから、小さいこどもが眠ってしまっても、足の弱ったお年寄りにも安心して利用できます。

今年のイルミネーションのテーマは「大冒険」ということで、約250万個のLEDや電球を使って、光と音の幻想的な世界を演出しています。

イルミネーション以外にもベントが盛り沢山で、好きな花を使って寄せ植え体験をしたり、フラワーソープアレンジメントもあります。

レジンアクセサリーやスイーツデコの体験教室や、クラフト工房、釣り堀コーナーやパフォーマンスショーなど、アトラクション以外での体験イベントも人気があります。

イベントによっては、先着順で人数が決められているものもありますから、来園してから直接申し込みが必要な場合もあります。

無料で参加できる者もありますから、事前に確認しておきましょう。

東京ドイツ村にあるアトラクション

東京ドイツ村のアトラクションは、スワンボート場もありワクワクで一杯です。

スワンのペダルボートの他に、手漕ぎボートもあり、15分で350円ですが、アトラクション回数券対応になっています。アトラクション回数券は、3,000円で350円券が10枚綴りになっています。

1周9分で回る観覧車は、晴れた日には富士山や東京湾も眺められます。おもしろ自転車は、動物の形をしたものや三輪車、変形自転車など、20種類の自転車を楽しむことができます。

ミニコースターには、3歳から乗れますから、スリルとスピードを体感できます。マメ汽車は雨天中止ですが、晴れた日には写真撮影にぴったりで、4歳未満のこどもは、保護者の付き添いがあれば大丈夫です。

ちょっと飽きてきたら、バズーガ砲でスカッとするのもいいかも知れません。

本格的なスポーツをしたいなら、アーチェリーがいいでしょう。
対象年齢は小学3年生以上です。やっぱり、スリルを味わいたいならスーパーチェアーでしょうか。カラフルなイスに座って、地上3メートルに上昇して回転する空中遊泳スポットです。

リトルティーカップや、こどもトランポリンもあり様々な遊びが体験できます。

東京ドイツ村の新アトラクションであるバイキングは、左右に大きく揺れる海賊船でスリル満点です。いずれも、アトラクション回数券対応です。

料金無料でチャレンジするなら、ボルタリングはどうでしょうか。無料休憩室にあります。その他にも、ゲームセンターや芝そりゲレンデなど、思いっきり汗をかきそうなスポットもあります。

楽しんだ後は、バーベキューやカフェテリアでドイツならではのメニューに舌鼓を打つのはどうでしょうか。

アイスバインや、ソーセージを食べてドイツに旅行した気分になること間違いなしです。

フラワーガーデンの近くの喫茶コーナーでは、ピザやビーフカレー、スパゲティーなどの軽食もあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

7月におすすめの国内旅行先3選

夏がいよいよ本格的に始まる7月は、国内旅行シーズン到来でもあります。梅雨も明けて暑さも厳しくなってきますから、熱中症や脱水症状には十分気を付けて旅を楽しみたいですね。 海外もいいですが、この時期、国内 …

北海道に行くなら押さえておきたい観光スポット5選

北海道への旅行は冬だけではなく、一年を通して良い場所といえます。 冬はウィンタースポーツ好きにとってはたまらない場所になりますし、夏はとても涼しく過ごしやすい場所になるからです。 海外旅行に行くのもい …

新宿から2時間で行けちゃう「鬼怒川温泉」の楽しみ方

夏にはクールスポットを探訪するプランを選ぶ 鬼怒川温泉は、新宿から2時間で行けますので、夏場には川沿いを散策して、涼しさを満喫してみてはいかがでしょうか。 鬼怒川温泉駅で下車すると、新宿とは違った涼し …

ベルリン(ドイツ)のおすすめ観光スポット

ノイシュヴァンシュタイン城は、ドイツ観光では外せない名スポットです。 ディズニー作品のモデルの一つになった城としても有名で、その造形の美しさは、数多くの城塞が残るこの国の中でも群を抜いています。

個性的なミニシアターに足を運んでみよう!

ミニシアターってご存知ですか? これは映画館の中でもあまり規模が大きくない個性的な映画館のことで、実はいろいろな映画を上映しています。 映画がよっぽど好きという人以外はなかなか目にすることができないよ …

楽天モーションウィジェット