美容やファッションに関わる資格:洋裁技術検定試験


これまで自分が親しんできた洋裁について、どんな知識を持っているのか、実際に洋裁を行った時に技術はどれぐらいなのかを判定できます。

それを資格として認定してくれるのですから、きちんと自分の学んだ事を形にできるのです。

スポンサーリンク

もっと知りたい洋裁技術検定試験

試験は初級、中級、上級の3つに分かれていますので、自分のレベルに合わせてどの試験に挑戦するかを選ぶ事ができます。

初級は基礎的な勉強となりますので、比較的勉強もしやすく合格しやすいのです。

中級・上級となってきますと、基礎内容をベースにして、さらにステップアップして勉強をした結果を求められますので、更なるやりがいも感じられる事でしょう。

上級まで合格する事ができれば、ほぼプロ並みの知識や技術があると認められますので、しっかりと復習なども行いながら勉強を続けて挑みたい資格です。

合格率は70~80%ほどとなっていますので、普段から洋裁に親しみながら地道に勉強を続けていく事で、合格へ手も届きやすいのではないでしょうか。

楽しんでいた自分の趣味が、さらに学校などを通じて勉強をして腕が上がるだけではなく、それを資格取得という形を取る事で、一定の技術者として認められるようになりますので、趣味を超えて仕事方面にも良い影響を与えていく事ができるでしょう。

ファッションが大好きだという方には、早めに取得をしておく事で今後の就職活動にも生かしていく事ができますので、自分のスキルを高められるよい機会となります。

受験の際にはどんな準備をするべきか

まず受験資格があって、日本ファッション教育振興協会の「認定学校の学生」であることが第一に必要になっています。

試験日は1月中旬頃のため、願書の締め切りが10月始めから末までの秋口に設定されているので、しっかりと忘れないようにして手続きを行いましょう。

試験時間は90分で、受験料は3000円、合格した後の認定料は2500円となっていますから、費用自体はそれほど高くないと思えてくるのではないでしょうか。

試験会場は日本ファッション教育振興協会の設定する学校になりますので、これも早めに確認しておいて当日に遅刻しないように出かけましょう。

基本的には理論と実技になりますが、洋裁を始めたばかりだというのであれば初級から挑戦をしていくと良いでしょう。

試験も基礎的な内容の初級、中級は一般的な内容、上級はプロ水準というようにイメージしておけば、自分がどのレベルで受験する試験も選びやすくなります。

合格発表は約1か月後となりますので、2~3月ぐらいを目途に試験結果が返送されてくると思えば待っているのも苦になりにくいです。

まずは試験を受けられる学校に入学しなくてはいけないという条件もありますので、学校探しをしておいてきちんと学ぶ場を手に入れておきましょう。

その上でじっくりと洋裁について学びながら洋裁技術検定試験についても対策をしていけば、合格をするのもそれほど難しくはない試験と言えるのではないでしょうか。

合格後もいろんなことに活用したい資格

やはり独立を見据えているのであれば、全ての試験に合格しておく方がいいのは言うまでもありません。

初級に関しては基礎の部分になりますので、これもきちんとしておきたいですが、上級はハイレベルでプロ並みの知識と実技でも平均以上の実力が必要になります。

今後もアパレル関連で活躍したいというのであれば、持っていると履歴書の資格や特技などにも記載しておく事で、自分の得意分野としてしっかりとアピールするために活用できます。

洋裁用語や服飾関連の用語、そして道具類の用語、使い方などは個人の趣味だけで学ぶだけでは限界があります。

きっちりと学校やテキストを見て勉強をする事で、自分の力として身につきますし、将来にも生かすことができます。

自分が好きなファッション全般を取り扱うと考えれば、大好きな分野でとても楽しく勉強する事ができるでしょう。

合格後は忘れずに認定を受けられるように申請をして、その後は就職や独立など様々なシーンで活用をしていきましょう。

最後に

他にも和裁や編み物などもありますので、こちらも合わせて資格の取得をしておくと、より上達にも繋がりますし、活躍する幅を広げていく事が可能となります。

今はハンドメイドで作品を作る方も沢山いますので、資格取得後も仕事だけでなく趣味の範囲でもそれを超えたような作品を作ることもできるようになっていくでしょう。

洋裁技術検定試験公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー2級

職場や学校での問題、人間関係など悩みの多い現代社会で、傷ついた人に寄り添い、話を聞き、癒す仕事としてカウンセラーが人気です。 心理学を学ぶ方法はたくさんありますが、専門知識と技術をしっかり身に付けたい …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「こども音楽療育士」

こども音楽療育士とは、音楽療法士に関連する資格のひとつで、主に心身に何らかの障がいを抱えている子どもに対して、音楽の力で発達や成長を促す事ができるものとされています。 そのため、心身の発達と音楽的発達 …

学校事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

いくつか種類のある中でも、ちょっと地味だけど、堅実なイメージのある学校事務。 学生の時に事務室に人がいたけど、あんまり接した覚えのない方も、多いのではないでしょうか。 そんな学校事務に就くために、おす …

専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。 国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転 …

ニッチな外国語の資格:国際ポルトガル語検定試験

私たち日本人に馴染みのある外国語の資格試験といえば、英検やTOEICが挙げられます。 今日のグローバリズムの要請から、あるいは学校での外国語教育の実情から、いわゆる検定試験が英語偏重になっているのはや …

楽天モーションウィジェット