芸能事務所に所属している人もいるYouTuberの実態

YouTuber

YouTuber(ユーチューバー)を聞いたことはありますか?聞いたことが無くてもYouTubeなら聞いたことが無い人はいないかと思います。

スポンサーリンク

YouTuber

ここ数年、YouTuberの存在がクローズアップされ、小学生の憧れの職業としてYouTuberをあげる子供も増えています。売れているYouTuberの中には、1回の動画で100万円以上を稼いでしまう人も存在し、毎日のように更新することでかなりの収入を荒稼ぎする例も出ています。すると、テレビなどにもこうした人たちが進出するようになり、ついには芸能事務所に所属するYouTuberも現れるようになりました。その一方、なかなか稼ぐことのできないYouTuberがいるのも現状で、その実態は人によっては悲惨な場合もあり、自分の子供がYouTuberになりたいと言っている場合には、両方の事案を伝える必要があります。

最近になり、YouTuberが所属する芸能事務所が設立されるなど、もはや芸能人としての扱いになりつつあります。トップの人は年間1億円を再生回数だけで稼ぎ、これとは別に広告収入を得ている場合があります。その実態は、有名なYouTuberに商品やサービスを体験してもらい、それを紹介してもらうというものです。特にゲーム実況などではスマートフォンアプリのメーカーがゲーム実況で有名なYouTuberにプレイしてもらうということが行われています。企業とのコラボレーションをすることでそこで収入を得るというのも、近年は行われています。これは有名なYouTuberの特権でもあり、これから始める人はそこまで達するにはなかなか大変です。芸能事務所に所属できるようになるのも一苦労で、同じようなライバルも多く、そこで一山を当てるのは至難の業となっているのが実態です。

人気のYouTuberになるには

では、どのようにすれば人気YouTuberになれるかですが、アイコン作りから始めていくことになります。最近の動画サイトを見ていると、アイコンの画像にやたら文字が書き込まれていることに気づくはずです。これはこういう動画ですというのを端的に示すために、刺激的な言葉を書いておき、動画を見てもらおうという魂胆です。何かに挑戦するという動画でも、これに挑戦してこんな目に遭うというのがわかりやすく伝わるようなものを多くの人が見ようとします。これをやるかやらないかで再生回数は全く変わることになります。また、キャラクターを作ることも大切であり、この人はおっちょこちょいだ、この人は無謀なことをしたがるといったキャラでそのYouTuberが好きになり、その人の動画を見ようとします。普通に商品説明を淡々とこなしたり、ゲームを単にプレイしたりしても面白くありません。その動画に感情移入できるかどうかが求められます。そして、流行に乗っかるというのも必要であり、流行のものを自分も試してみたというような動画をあげるだけでも十分な効果があります。

こうしたことをしていても再生回数が全く伸びないYouTuberがいることも事実です。最近ではYouTuberが問題を起こして騒ぎになるということが増えてきています。その実態というのは、過激な動画を作って気を引こうというものです。誰も見てくれない、興味も示さない、コメントすら増えないというのはかなり不安にさせます。自分のコンテンツが良くないからかと思い込み、過激なことをして再生回数を増やそうとしてしまい、警察沙汰になるようなことをしてしまうというのが実態です。また、会社を辞めて一発逆転を賭けてYouTuberになる人もこういった傾向になりやすく、あくまで趣味の延長線上でやっていることを動画にするぐらいがちょうどいいことがわかります。仕事としてYouTuberをやるには、それなりの覚悟、運、コネクションが必要であることは明らかです。

売れっ子YouTuber

売れているYouTuberは、自分独自のオリジナルな武器を持ち合わせていることがほとんどです。例えば、化粧の紹介をひたすらするだけの動画や料理をするだけの動画などです。キャラもありますが、本当に必要な情報である場合は多くの人がそれを見ようとし、参考にします。過激なことをしなくても、多くの人にとって必要な情報を動画にすれば、十分に稼ぐことが可能です。YouTuberを目指す場合には、自分が得意とするものを動画にし、人にマネできないものにしていくことを心がけることが大事です。そして、最初は副業として始めていき、それだけで生活ができそうな場合に限り職業として名乗ることをおすすめします。年収が1000万円以上というYouTuberはかなり限られ、ほんのわずかであることが指摘されています。勝ち組と負け組がはっきりと分かれているのがYouTuberの実態であり、お笑い芸人やアイドル以上に稼ぐのが難しいものであることがわかります。まずは自分の趣味を動画にしてみるというところから始め、ウケ狙いなどをせず、ありのままの姿を晒すということをするだけでも、場合によっては再生回数を稼ぐことができるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-

関連記事

演歌にハマるきっかけとなったアーティスト

演歌にハマるケースとしては、演歌歌手としての活躍だけでなく、人柄やネット上での盛り上がりなど様々なところで見つかります。

電子書籍ストア「めちゃコミック」の特徴とおすすめポイント

日本においてはインターネットをはじめ、スマートフォンやタブレットなどの普及率は年々増加しています。 日常生活におけるこれらのツールが果たす役割は非常に大きくなり、新しいサービスも増えています。 スマー …

男性が楽しめるオススメの海外ドラマ

ドラマの主人公に勇気をもらえる、励ましてもらえるという点で、男性にオススメの海外ドラマを紹介します。

1990年代の代表的なテレビドラマとは?

1990年代はバブルの終わりころで、テレビやドラマが根強い人気をまだ誇っていました。 トレンディドラマと呼ばれるドラマが登場したのもこの時代です。 ファッションやトレンドやその時々の流行がすべてドラマ …

海外ドラマ「フルハウス」が20年ぶりに復活!気になるキャストは?

テレビ番組のジャンルとして、昔から高い人気を誇っているのがドラマです。 そのドラマの中で、日本で作られてきた作品にも、当然面白い作品はたくさんありますが、自分は海外の作品の方が好きだという人もいるでし …

楽天モーションウィジェット