まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ちり酢】

鍋物・湯豆腐・てっちり・サラダ・焼肉などに用いられる薬味のちり酢は、聞いたことがないという人もいるかもしれません。

ちり酢とは、柑橘類を加えて作られた合わせ醤油のことで、だいだい・ゆこう・柚子・すだちが使用されることが多く、ちり酢の言葉を知らなくても、多くの日本人が使ったことのある薬味だと思います。

ポン酢と同じものではないのかと言われることもありますが、その通りです。大まかに言えばポン酢と同じものであり、言い方が違うだけと言えます。

スポンサーリンク

湯豆腐合う薬味とは?

ポン酢と似ているちり酢ってどんな薬味なのか

料理で同じような作り方なのに、語尾に「すき」が付いているものと、「ちり」が付いているものが存在する料理があります。カニの鍋が例として上げやすく、カニ料理として「かにすき」と「かにちり」がありますが、これらは少し違う料理となります。

かにすきは、カニを存分に味わうカニの鍋料理で、濃いダシで煮たら丸ごとカニを頂きます。かにちりではダシが薄く、煮てカニを鍋から出したら、ポン酢をかけて食べます。

このことから、かにちりのちりはポン酢のことを表し、ポン酢を意味するちりの言葉を、そのまま使用したちり酢という呼び名が生まれたといわれています。

まとめると、語尾がすきの場合は、味がちゃんと付いていて、語尾がちりの場合は、薄味なので、ポン酢を付けて食べるということになります。

薬味としての正式名は、ポン酢かもしれませんが、湯豆腐などの薄味の料理にポン酢を加える際は、ちり酢と呼んだ方が正しいでしょう。

それでも、どちらが正しいというわけではないので、呼びやすい呼び方で呼んだら良いと思いますが、一般的に無難な呼び方はポン酢です。

ちりの意味・由来と、ちりが名前に付く料理

ちりという言葉が付く料理には、かにちりの他に、ちり蒸し・ちり鍋・ちり作りなどがあります。ちり蒸しは、白身魚・豆腐・牡蠣を使用した蒸し物のことで、ちり鍋はちり蒸しと似たような具材に、野菜などを加えた水煮です。

ちり作りは、白身魚の薄造りを意味する言い方で、人によって又は、場合によってそう呼びます。

ここで気になることは、そもそもちりって何なのかということです。もともとは擬声語(オノマトペ)で、魚を切り身にしたものを、熱湯に漬けると縮んでちりちりと身の部分が爆ぜる感じになる時に、使われていた言葉とされます。

熱湯で魚の身が爆ぜる感じになる時の表現は、人それぞれかもしれませんが、昔はちりちりと言っていたようです。この擬声語ちりちりが、後に料理名に用いられるようになり、現代にまで伝わっています。

てっちりという料理は、正にちりが用いられている料理名です。てっちりは、ふぐちりのことで、他にも鯛のたいちり・鱈のたらちり・牡蠣のかきちりなどがあり、これら食材を色々混ぜた時には、寄せ鍋と同様に寄せちりと呼ばれます。

これら海産物のちり料理も、寒い冬に体を温めてくれる料理となりますが、湯豆腐も捨てがたいものです。湯豆腐は、一見シンプルで素朴な印象もありますが、豆腐とちり酢は相性抜群です。

ダシのつゆで煮こまれた湯豆腐に、ちり酢を付けて食べると、ほかほかしておいしいですよ。また、豆腐には大豆イソフラボンやタンパク質が豊富で、健康に良い食べ物なので、ダイエット時にも湯豆腐はおすすめです。

寒くなったら湯豆腐、暑くなったら冷奴でちり酢及びポン酢をかけて頂きましょう。

主流の薬味ではないが専門的な製造販売もされている

ポン酢ではなくちり酢の名称で販売されている製品も少なくないようで、多くの人に愛されている薬味です。製造者やメーカーによって、同じちり酢と言えど味が異なり、ちり酢を好む人たちは、自分が好きな製品を選んで購入しています。

酢といっても合わせ醤油なので、薬味としては、どちらかと言えば醤油寄りです。そのため、お寿司屋さんで独自開発しているところもあります。

ちり酢で有名な、やまと寿司さんでは、今はちり酢だけを製造販売しており、こだわりが見受けられます。

開発に至ったきっかけは、ナマコの握り寿司で、30年くらい前に開始したナマコ寿司のために、作ることを決めたそうです。このナマコの握りと、特製ちり酢のおいしさが評判となり、ちり酢だけで欲しいというお客さんがたくさん登場したことから、単品で販売するようになったと言います。

やまと寿司さんが作るちり酢の商品名は、酢もひらがなにしたちりずで、主な原料は構造酢となっています。

加える材料は、酸味を抑えるための野菜と大根おろしをブレンドしたもので、そのままでも飲めるくらい親しみやすい味になるよう工夫されています。通常のちり酢の他、はちみつ入りの商品も開発しているようです。

全国的には、ポン酢として出回っており、ちり酢という名称で聞いても何のことか分からない人も多いとされますが、要するにポン酢のことであるため、日本人に好まれる味をした薬味だと思います。

製品によって、配合する柑橘類やその他材料に違いがあるため、製品によって好き嫌いが生じることが考えられます。

ちり酢を試す時には、色々なメーカーの製品を試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , ,

関連記事

春のデザートを作ろう!今食べるととびきり美味しい春のフルーツ:いちご

春になると、おいしいフルーツというと、やはりいちごです。 いちごを使った、おいしいデザートを簡単に作ることができるレシピは、たくさんあります。

長崎県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

長崎県というと、周りは海や山など美しい自然に囲まれていて、全国から多くの観光客が毎年、訪れている地域です。 実は、ずっと昔から国際交流が盛んに行われているので、非常にユニークなご当地グルメがあると注目 …

味噌で菌活しよう!

菌活をすることを決意したら、身近にある発酵食品といえば、日本人が愛する味噌もそのひとつです。

隠し味で「にんにく」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューは、市販されているルーを使用することで、誰でも簡単に作ることが出来ます。 それだけでも十分に美味しいのですが、そこに一手間加えるだけで、より美味しく仕上げることが出来ます。そのポイント …

みんな大好き!ミルフィーユ鍋の基本&アレンジ

冬の定番ごはんといえば、なんといってもやっぱり鍋! 作るのも簡単だし、スープや具材を変えれば味のバリエーションは無限。 中身によってはヘルシーに仕上げられてダイエットにもばっちりです。 CMでもおなじ …

楽天モーションウィジェット