まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ネギ】

まだまだ寒い日に食べたいと感じるのは、あたたかい湯豆腐であり、入れると美味しくなる薬味としては、ネギがあります。

日本の四季は、大変美しい季節の巡りを、植物の色彩と景色で表現をしてくれますし、食材でもその時期を感じることができるので、日本人はとても幸運です。

息も白くなり、気温も下がる寒い時期には、体の芯から温まる食べ物が最高です。

スポンサーリンク

湯豆腐に合う薬味とは?

湯豆腐に入れると美味しくなる薬味のネギ

日本人の味覚からしたら冬のシーズンには、温かい和食が最高ですし、それは日本人の好む大豆食品であれば、心も一緒にポカポカしてきます。

日本の食卓は、すっかり欧米化をしたと言われる昨今ですが、それでも根っこはやはり日本人、冬の味覚にシンプルで温かい和食は欠かせません。

海外の冬の食事も温まるメニューは豊富ですが、ただ海外の場合は和食とは違い、油の多いパワフルなメニューであるケースが多く、カロリーもかなりのハイカロリーです。

海外の人の体質にはあっているとしても、小柄でそれ程多くのカロリー消費をしない日本人には、海外のボリュームのあるハイカロリーメニューは、基本的には体質に合わないことがあります。

海外の寒い時期のメニューも、たまにいただくには珍しい味覚として、楽しむことは出来るでしょう。しかし海外の人と日本人の味覚と感覚はやはり大きく異なります。

海外生活の長い人であれば、ヘビーなメニューも平気であっても、もともと素朴な和食を好む日本人には、胃もたれの原因になることもあります。

冬は、シンプルな豆腐を薬味と一緒に、お湯で温かくしていただく、そんな簡単で美味しいメニューが、最高の食卓になります。

湯豆腐の持つ大豆パワーにも注目を

冬の時期にも、寒い日にも、とにかく美味しいのは、薬味と一緒にいただく湯豆腐です。温かいお湯でポカポカの豆腐を食べるわけですが、その豆腐の原材料は大豆であり、大豆は日本人の健康にも大きく役立つ栄養の宝庫になります。

大豆が日本人に必要な栄養であるというのは、もともと日本人は古い時代から、大豆食材を当たり前のように食べてきたため、日本人の体自体が、大豆との良い相性を構築している為です。

海外の人は、長い時代の間、肉や乳製品をたくさん食べてきているため、彼らの体はそれをしっかりと消化して栄養にすることで、活かしきることが出来るだけの体内になっています。

でも日本人はもともと、加工した乳製品や肉類を頻繁に食べる習慣はありませんでした。日本人がこれほどまでに、肉や乳製品お加工食品を食べるようになったのは、それほど歴史は古くはありません。

どちらかというと日本人の体内は、肉類や加工乳製品をスムーズに分解して吸収をする働きには、あまり強い方ではありません。しかしそれとは逆に、大豆食材は本当に昔から日本人が食べてきた食べ物であるため、日本人の体にはとても良い相性で、消化吸収をすることができます。

大豆は、植物性タンパク質であり、良質で低カロリーなタンパク質です。人間の体にはタンパク質がとても必要と言われますが、それは人間の体は、タンパク質でできている為です。素肌から始まりあらゆる臓器、爪や毛髪に至るまでです。

質の高いタンパク質は、人間の健康の考え方までも健やかにしますので、それには大豆の栄養が力になります。

そんな大豆を多く含むのは、湯豆腐でも美味しい豆腐です。

湯豆腐のお供にも最高の、ネギの持つパワー

湯豆腐の薬味には、ネギを加えると美味しさは倍増をしますし、ささやかな存在に見えますが、ネギには秘めたパワーがあります。日本人が愛している和食メニューには、何かと薬味が大活躍をしますが、その代表選手的な野菜でもあります。

スーパーに出かけていけば、年間を通して売っていますが、旬を迎えるのは冬のシーズンです。鍋物などにも欠かせないですし、思い返してみれば、冬の時期には、ネギが一層美味しく感じるかもしれません。

それもその筈であり、旬を迎えるのは紅葉も美しい11月あたりからで、2月あたりが、本当の旬の美味しい時期を迎えるためです。

ネギの持つ栄養で注目をするのは、硫化アリルの栄養成分でしょう。食事で食べたビタミンB1の栄養素の働きかけは頼もしいものであり、体内への吸収を促してくれます。さらにはビタミンB1の栄養の持続を、硫化アリルは伸ばすこともしてくれます。

ブドウ糖をエネルギーに変えたり、疲労物質の代謝にもビタミンB1は必要でありますから、肉体的な疲れのリセットにも力を貸してくれます。

硫化アリルのアリシンは、胃への働きかけもする成分であり、消化液分泌を活発にさせることができます。そのためアリシンの働きは、胃腸を強くすることにもなります。

夏の時期には、夏バテをしやすいですが、食欲がないときにも助けになります。

ネギに含有をするアリシンは、細胞の酸化をセーブさせる、抗酸化作用が高いことでも知られています。

だから、ネギを日頃から食べるということは、老化を予防することにもつながります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

沖縄県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

沖縄県というと、日本国内はもちろん、海外からも人気の観光スポットと言えます。 色々な名所がありますが、現地でしか堪能できないご当地グルメも充実しています。 そのため、美味しい食べ物を求めて旅行に行かれ …

ビタミン溶け込むホットジュースはどんな効果があるの?【ホットリンゴジュース】

栄養が溶け込むホットジュースは、どんな効果があるのか、そんな疑問は、健康と向かい合う上で、良い考え方です。 ホットリンゴジュースにも、ビタミンはたっぷり、おまけに食物繊維もたっぷりです。

包丁いらずの時短レシピ:手軽にもう一品編

料理を作るときには包丁とまな板を使っていることは多いです。 ですが、包丁いらずの料理を作ることで、気軽にもう一品をテーブルにのせることができます。

新潟県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

米どころとして、全国的に有名な新潟県。 海や山に囲まれ、水質にも恵まれていますので、お米以外でもおいしいご当地グルメが満載です。 新潟の地形が、海沿いに沿って長い形状なので地域によって、バラエティに富 …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「卵黄」

1日だけ味噌に漬けると美味しいのは、なんと卵黄の食材です。丸々卵をそのままではなく、黄色い部分だけを使うとは、なかなか贅沢なレシピですが、作ってみると、これが絶品で驚きます。 普段ならば、黄色い黄身の …

楽天モーションウィジェット