まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【タラ】

まだまだ寒い日に食べたい、湯豆腐に入れると美味しくなる薬味、それはタラです。

吐く息も白い季節には、日本人であればなんといっても、心も体も温まる食べ物です。湯豆腐は、あっさりとした美味しさと温かさで、飽きることなく食べることができます。

スポンサーリンク

湯豆腐に合う薬味とは?

寒い日に食べたい!湯豆腐に入れると美味しくなる薬味のタラ

海外の人であれば、洋風のスープやビーフシチューなど、温かいだけではなく、肉や油の多いボリュームが万点のメニューも、寒い日には多く食べられています。

もちろん日本でも、洋風の温かいメニューは食べますし、洋風メニューは日本でも受け入れられています。

それでもやはり日本人は、寒い時期には温かい和食が恋しくなりますし、重い食べ物よりもあっさりとした和風の食べ物の方が、不思議なくらいに落ち着きます。

脂たっぷりで肉もたっぷりの料理を食べたとしても、なぜかあっさりした温かい食べ物も恋しくなる、これが日本人というものです。

湯豆腐に、タラをプラスすることでより美味しい食事に変わります。和食には何かと薬味がつきもので、好みの薬味をたっぷり使って、ヘルシーでおいしい温かい豆腐を頂きましょう。

タラはだいたい、食べやすい2cm程にカットしてから、サッと熱湯で茹でておきます。鍋に昆布を入れて水を注いだら、コンロにかけます。煮立ったらカットした豆腐とタラ、野菜は軽く春菊などを入れるとよいでしょう。

春菊も食べやすくカットしておくき、茎は硬いので取り除いておきます。

とてもシンプルな和食メニューですが、日本の冬には最高に贅沢で、体も温まるメニューになります。消化も良い上に、淡白で美味しいタラは、見た目からの分かるように、とても脂肪分が少ないので、胃腸があまり強くはない人でも、安心をして食べることのできる魚です。

肉よりも魚であれば、胃腸に負担がないかといえば、決してそんなことはありません。魚でも脂肪分の多い種類はありますし、一般的には健康に良い魚と言われていても、普段から胃腸の弱い人の場合は、食べて胃に負担になる可能性もあります。

タラはとても淡白な魚の種類であり、ほとんどを繊維タンパク質が占めているほどです。だから焼いたり煮たりしても、魚の身はとてもほぐれやすくて、食べやすい魚です。

魚は加熱をすると固くなることがありますが、その心配もありませんので、消化の良い魚として食べることができます。

タラは、グルタミン酸やイノシン酸が豊富

これは旨味成分で、本当に美味しく食べることができます。たっぷりの質の良いタンパク質が含まれていますし、人間の赤血球にも関わるビタミンB12も豊富に含みます。

ビタミンB12の栄養成分は、正常な血液を葉酸との協力で作り上げています。赤血球が順調に作られることにより、悪性貧血などの予防にもなります。ビタミンの栄養の中でも、B12はそれほどスポットを浴びないので、あまり意識をしない人も多いです。

でも貧血予防や神経にも関わるので、不足をしないように食事での補給が必要です。

人間の体内に、ビタミンB12の栄養が足りなくなると、精神的にイライラとしやすくなります。運動神経機能も下がりますし、集中力もなくなります。だからビタミンB12は、健やか身体のためにも必要です。

カロリーを気にするダイエットにも

タラをカロリーを気にするダイエットにも、プラスしてみましょう。日本人はダイエットに励む人が多いですが、その割にはなかなか痩せない人も多いです。

その理由は、ハードな食事制限があることで、とにかく食べないダイエットをするので、やがて我慢の限界が来ます。

食べたいのを食べないで我慢をすると、その反動で余計に食べてしまいます。今まで食べないで我慢していたのを、一気に我慢の線が切れて食べてしまうと、いつもよりも体内の脂肪吸収率が高まり太ります。

栄養の吸収率ではなく、脂肪蓄積の吸収率が跳ね上がりますので、リバウンドは当然のことです。いつも食べる時よりも20倍程の脂肪吸収率ですので、余計に肥満体型になるというのが、日本人にありがちなダイエットの失敗パターンです。

早く痩せたい気持ちがあっても、食べないだけダイエットでは、余計に太ることを考えると、必要な栄養は正しい食材で食べること、そして食べた以上に体を動かして消費すること、この運動がダイエットの成功を導くことになります。

ダイエットには、低カロリーで質の良いタンパク質を食べることが重要で、これは成功の要にもなります。その質の良い低カロリーのタンパク質には、タラの魚がぴったりです。

白身魚の中でもトップクラスで脂質が少ないですし、脂肪のカロリーがとにかく低いです。

低カロリーでりながらも旨味は抜群で、お腹にも満足であるため、もはやダイエットの救世主的な魚でもあります。

野菜などと一緒に食べて、食事の悩みは解消をしましょう。後はこまめに体を動かすこと、よく歩いてカロリーを消費させましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

【おから】には食物繊維が豊富に含まれている!

おからというと、大豆から豆腐を作る過程で豆乳を絞った際に生じる、搾りかすのことです。余りものというイメージが強いために、普段の食事ではあまり食べない方は多いです。 しかし、実はおからは、現在女性に嬉し …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「葉酸」

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、ほうれん草の葉から発見されたことが、その名の由来となっています。ほうれん草の他にも、動物のレバーなどにも多く含まれる成分です。 その主な働きとして、赤血球の生成、細胞の …

身体を温める野菜【ねぎ】

スポンサーリンク 食事に葱を取り入れよう 体を温めるといわれている野菜は色々ありますが、その中でもねぎは特に有効な存在といわれています。 ねぎの効果 ・アリシン ねぎ類にはアリシンと呼ばれる物質が豊富 …

基本中の基本をおさらい!卵の美味しい茹でかた!水からゆでて9分で「固ゆで卵」

料理をする時に、多くの食材は熱を加える事になります。 しかし温度によっては、様々な変化をする食材も存在しており、温度と変化する現象を正しく理解した上で調理していく必要があります。 温度の変化によって、 …

無塩バターから健康オイル「ギー」を作ってみよう!

「ギー」とは、インドを中心とした南アジアで古代から作られ、食用にされているバターオイルの一種です。

楽天モーションウィジェット