女性の仕事というイメージが強い事務職。男性が目指すには?

事務職は、どうしても女性の仕事というイメージがあり、男性が応募しても、その時点で不採用とされることも少なくありません。

でも、男性でも事務職を希望する人はいて、一定数採用されています。

採用されるためには、どうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

経験を身に着けて有利になる

事務職、というよりはどの仕事もそうですが、やはり経験者が採用されやすい傾向があります。

これは、事務の仕事がどういうものか分かっていることや、事務職として必要なスキルが揃っていること、ある程度信頼して仕事を任せられるということが、大きなポイントになります。

このため、経験があるのとないのとでは違います。未経験者は、やはり採用されづらく、仕事をやりづらい傾向があります。

また、一から教育するコストや、仕事を任せてみてから「やっぱりイメージと違う、つまらない」などの理由から、辞める人も出てくるでしょう。

この場合、おすすめなのは経験を作ることです。経験とは、その名の通りアルバイトや派遣などの非正規でも良いので、職歴を作ることが大事でしょう。

少なくとも、未経験者で男性で事務職というと、これがかなり限られてきます。経験者が有利な傾向は、どの職業でも同じなので、経験を積んでから応募するような戦略を取りましょう。

特に、大企業ほどこの傾向が強く、サポート的な事務仕事に男性をつけることは、少ない傾向があります。

男性でも採用されやすい事務職を選ぶ

もうひとつは、イメージの問題です。

事務職の場合、いろいろな部署の人と関わったり、人をサポートしたりする仕事がメインです。また、仕事内容は、マルチタスクになることも多く、細かい配慮が必要になります。

そうなると、やはり男性ではなく女性向きの仕事とされていますし、バックオフィス業務として女性を想定している求人が、少なくありません。また細かい作業や気配りなどもしやすいということから、女性が多くなる傾向があります。

この場合、実は応募する事務職に問題がある場合があります。一般事務・受付・秘書業務などは、女性の仕事というイメージが強く、一般的には女性を採用することが多い傾向があります。

ただ、男性を求めている事務職というのも存在します。それは経理事務・総務事務などの、ちょっと専門性のある事務職です。

このような仕事で、男性が求められる理由は、単純に会社経営にも携わる部分だからということがあるでしょう。

社長の右腕にもなるような、バックオフィスの人材が求められているのです。ただし、高いスキルが必要になります。

男性歓迎の企業に応募する

また、中には事務職でも、性別で区別しない企業、男性を歓迎している企業もあります。中には、事務職で男が良いという企業もあるのです。

このような企業の特徴としては、やはりある程、度専門性のある人を募集するという傾向があります。事務の経験があり、バックオフィス業務がしっかり出来て、なおかつそれなりに専門的なスキルを持っているという人を、想定しているのです。

このような人もまた、先ほどの社長の右腕としての役割や、企業の中で事務職のリーダー的な存在を求めているため応募するという傾向があります。

専門的なスキルも高く、リーダーシップもあるという人や、取りまとめ役を求めているという人、専門的な立場からアドバイスできる人がほしいと考える企業にとっては、性別はあまり関係がないのです。

ただし、このような企業は、かなり数が少ないでしょう。どちらかといえば、中小企業が多く、オールラウンダーを求める傾向があるのです。

このため、どうしても仕事の量は増える傾向があり、様々なことに詳しい人のほうが有利な傾向があるようです。

求人を見て採用されそうな事務職を探す

最後に、応募前に求人をチェックして、採用されそうな事務職をピックアップするのも大事なことです。

実は、求人では「女性歓迎」とは書けるのですが、「女性のみ求人」「女性のみ採用します」というような、性別を限定した求人は出せません。

とはいえ、求人を出す側も、頭を使ってきます。仕事内容や求人募集の記事をよく読むと「女性しか採用しません」ということが、言外に伝わってくることがあります。

ひとつは「ファイリング・電話対応・来客対応」などがメインとして書かれている場合、明らかに女性向けのものでしょう。比較的、庶務・一般事務のような仕事が多い事務職は、どうしてもこのような仕事内容になってしまいます。

職種で、「一般事務」「庶務」「受付」「秘書業務あり」などとしている場合でも、女性を求めることがなんとなく分かりますね。女性の写真が掲載されている、女性向け求人が掲載されているところも同様です。

一方「車の運転あり」とか、「軽作業あり」などとある場合、女性を想定していない場合もあるのです。

この場合、性別で不利とまではなりにくく、採用される可能性は少々上がるでしょう。

最後に

事務職は、やはり女性が行うもの、というイメージがありますが、だからといって採用されないわけではありません。

事務職に必要で、より高いスキルを身に着け、なおかつ経験を積めば採用される可能性は格段に上がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

関連記事

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

将来的に独立ができる国家資格:税理士

税理士は景気に影響を受けやすい業界ではありますが、今後、グローバル化の影響で国際会計基準が日本でも大企業や中小企業問わず適用されようとしている流れの中で税理士は必要とされる存在です。 有資格者として企 …

就活で持っていたい資格「簿記」のアピールできるポイント

簿記の資格を持っていると、就活を行うときのアピールポイントになります。 ただし一口に簿記といっても複数の種類があり、担当領域や計算方法などが異なります。それぞれの特徴を踏まえて、自分の志望先に合ったも …

地球環境を守る検定資格:eco検定

人々の地球環境意識の高まりを受けて行われている検定試験の1つがeco検定で、それに合格することでエコピープルになる資格を得ることができます。 2006年から試験が開催され、約41万人の方がその検定試験 …

将来的に独立ができる国家資格「建築士」

建築士には、技術を要する学校、病院、映画館などの、複雑・高度な建築物を含むすべての建物の工事・設計業務を行うことができる一級建築士、一定の規模以下の建築物の工事・設計業務を行うことができる二級建築士、 …

楽天モーションウィジェット